人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

リアルとファンタジー

リアルとファンタジー

昨日、ユン監督とドラマの手法ということについて話し合った。1時間以上に及ぶ論議はとてもエキサイティングなものとなった。その中でも心に留まった話を記しておく。

ユンさんはドラマという手法で映像表現してきた。私はドキュメンタリーという方法で映像を制作してきた。この2種類の手法の差異を痛感するエピソードを、ユンさんから聞きだした。

ある情景と出会ったとき(もしくは考えたとき)、ユンさんはそこにファンタジーを盛り込むように作ろうとする習性が自分にはあるという。人を励ますか人の心を純化させるようなイメージを作り上げたいと語る。ここでのイメージというのは心象まで昇華した“映像”を指していると思われる。

例えば、「冬のソナタ」のある場面についてユンさんはこう語った。タイトルバックにも使われた高校時代のチュンサンとユジンの雪のシーンを作るときのことだ。シナリオ作家の原稿には、「雪の中で二人戯れる」としか書かれていなかった。そこでユンさんが考えて“演出”したのが雪だるまを作って小鳥のように可愛いキスを交わすことだった。

ユンさんはこう考えた。恋愛というものは当人同士は真剣であっても傍目から見ると幼く見えることがよくある。あの場面で二人はわざと子供っぽいことをしているのではない。一途に戯れると幼く見えるということを表現したのだ。

このユンさんの言葉を聞いて、私は彼の人間洞察の深さに感心した。と同時に、日本の
青春映画のワンパターン現象を想起した。恋人同士が渚で戯れる場面だが、水を掛け合いしているわざとらしいワンパターン演技が以前から気になっていたが、ユンさんの話を聞いていて、あれは子供っぽさしか表すことができていない、恋愛感情の真率さに至っていないということだと腑に落ちた。

ドラマという手法においてユンさんはイメージにファンタジーを盛り込むとの重要さを力説した。
それにひきかえ、ドキュメンタリストとして私は情景を見たときできるだけリアルに見ようとする。リアルにとらえようとする。
この点に、両者の「人生の習慣」(大江健三郎)が異なっていることが分かって、私にはとても面白かった。

 と言っても、二項対立というわけでもない。リアルに見ようとする私は、情景の中でこれが本質だと「解釈」して、その対象を見ているのだ。けっして透明人間でもなければ神様でもなく、その現場にいる者として対象を私自身というフィルターを通して見ているのである。映像は純粋客観ではなく、私という主観を通して切り取られた現実(ドキュメント)だ。そこから、ユンさんのファンタジーを盛り込んで表現するという地点までそれほど遠くもない。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-30 14:46 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 恋をすると人はなぜ不安になるのか 大阪の町も変わった >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧