人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

時間の流れ方

長命のこと

山田風太郎は74歳で自分は思いがけず長命をしたと書いている。さもありなん。彼の父も母も40代で死んだのだ、それに比べて長生きしたと感じたのであろう。

私の父の家系は短命であった。祖父は30代、祖母は40代で死んでいる。大正、昭和という貧しい時代であったからもあるが、それにしても短い。父は70で死んだ。当人としては風太郎同様よくここまで生きたという感慨があったにちがいない。酒が入ったときなど本音をもらすことがあった。

父はよく病気をした。小柄だったから人並みに働くと体に相当負担がかかったのであろう。血圧が高かった。ことに冬場は値が上がってしんどそうであった。二タ月に一度、山科小栗栖へ灸(やいと)をすえに行った。これをやると体が軽くなるという。灸の跡に和紙に膏薬を塗ったものを貼り付けておく。これを一日に一度張り替えるのだ。背中だから自分では出来ない。母か私が手助けをすることになる。これが、私には嫌だった。

膏薬の紙を剥がすと、背中の黒い穴からどろりと膿のようなものが出てくる。それをふき取って新しい和紙を張るのだが、体の内側から押し出してくるように垂れる膿を私は嫌悪した。ところが父はこの滲出が気持ちいいらしい。ふきとると、「おうっ」と声にもならない声をあげるのだった。

この快感が最近分かるようになった。タケ先生に鍼灸をほどこしてもらうときに得も言われない快感が体を貫く。これは私が老人になりつつあるということか。

現在58歳。あと一ト月で59になる。思えば遠くへ来たものだ。よく命がつながってきたものだ。小学校2年の初夏、夏休みまで時間が少しも経たないと不満だった。時間の流れが遅いと思っていた。象の時間だ。少しも時間が経たないとうんざりしていた。こんなにゆっくり時間が流れて大人になっていかざるをえないのかと思うと気が滅入った。24歳の春にも時が停滞することを感じた。それ以外の私の人生では時は慌しく流れた。

番組を作り始めると、その制作期間が時間のひとつの単位になった。だいたい1本しあげるのに2~3ヶ月かかる。5本ほど作ると一年が終わる。一年経つのが半年ほどと感じた。蟻の時間だ。そういう蟻の時間感覚でこの30年の月日が流れた。

定年後、時間は遅くなったり早くなったりして一定ではない。このあと、私の時間は蟻の時間になるのか象の時間になるのか、どっちだろうか。
風太郎は老化についてこう言っている。60代はゆるやかなカーブを下がってゆく感じだが、70代になると階段状になる、と。その階段も1年ごとでなく、一ト月ごと、いや一日ごと老化してゆく感じと書いている。ということは、50代の私が感じている老いなんて、まだまだ“若い”とうことになるらしい。

さて週末となった。今朝TSUTAYAで返却に行ったら、ついまた借りたくなった。邦画を2本。「真昼の暗黒」と「復讐するは我にあり」。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
      
by yamato-y | 2006-11-24 11:33 | Comments(0)
<< ひたすら歩いた 尻すぼまりのドラマ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧