人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

藤沢周平の新しい小説

藤沢周平の新しい小説

周平人気は衰えない。
今度、木村拓哉が主演する映画「武士の一分」も藤沢原作と聞く。最近、一人娘の展子さんが書いた伝記も出た。ファンは藤沢の新しい小説を求めていた。

藤沢が死んだのは平成9年。かれこれ8年になるか。この度、新しい小説が出版された。『未刊行初期短編』である。彼が無名時代に小さな出版社で書いていた短編が14ほどあって、それが発見されて今回文藝春秋社からまとめて出版されたのだ。

藤沢の名がつくと読みたくなる私はすぐ購入して、少しずつ読み始めている。いっきに読もうと思えば読めるのだが数少ない未読の藤沢小説を、乱雑に読みたくないのだ。何だか美味なものは後回しにする貧乏人根性だがこれでいいのだ。

巻頭の作品「暗闘風の陣」は驚いたことに隠れ切支丹ものだ。メジャーになってからはこの題材は取り上げていないが、他に1編切支丹ものがあると解説がある。意外な作品に思えたが、よく考えると無名の作家が面白い素材を見つけようと、いろいろ手を尽くしたのだということが分かる。

巻末の「無用の隠密」を読んだ。公儀から庄内藩に送り込まれた“草”としての隠密の運命を描いた作品だ。後年、この存在を使った小説がいくつかあったと思う。冒頭の越中の薬屋に扮した若い隠密が庄内浜に入ってくる風景描写はさすがだ。簡潔にして清冽で美しい。俳句で鍛えられた言葉使いと推測する。
この小説もそうだがやはり若書きだと思う。ストーリーに無理があってあちこちに穴がある。読了後の爽涼感がやはり円熟期のものに比べるとほとんどない。

でもこの小説集を読んでいると嬉しくなってくる。こうして修業を積んで後年のあの名文にたどりつくのだと思うと、他人事ながら慶賀にたえない。解説の阿部達二のキャッチフレーズに同感する。「助走時代の作品に触れることが出来るのはわれわれ読者にとって思いがけないプレゼントであった。」
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-23 10:19 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 尻すぼまりのドラマ 愛を乞うひと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧