人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ロシナンテの詩人

石原吉郎の晩年

詩人石原吉郎は関東軍の特務機関に配属されたためにシベリアに8年間抑留された。情報部に勤務していたことで、白系ロシア人の密告でスパイ行為の容疑を受けたのだ。重労働25年の宣告を受けた。実際には8年の強制収容所暮らしとなるが、その体験が終生彼を苦しめた。信仰をもっていたが、「神は沈黙したままだ」と苦く思うことしかできなかった。

彼の代表作『望郷と海』が1972年に出版されたとき購入して一読した。私の心臓がぐいと揺さぶられたことを覚えている。大量虐殺について述べた彼の箴言が、その後原爆被害を考えるときの私の指針となった。

彼の人生を描いた『石原吉郎「昭和」の旅』を昨夜読んだ。彼の晩年が精神に異常をきたしていた期間であったことを知って、やはりという思いとかくも長く苦しむものかと瞑するほかない。
彼は62歳で死んだ。80歳近いと思われる風貌となっていたが、まだ60過ぎだったのだ。

晩年近く、職場で起きたトラブルで彼がとった異様な行動――。
仕事が遅れている人を石原が手伝おうとしたところ、その人から激しく拒否された。《その日、石原は帰宅するなり、服を着たまま風呂に飛び込んで泣き、翌日から出勤せず、五日間も飲み続けた。》
この酒への依存が彼を晩年に導いてゆく。われわれから見れば些細な拒絶としか思えないことが、石原のシベリアを想起させるほどの苦しみとなっていた。かくもシベリア・ラーゲリ(強制収容所)の体験は深い傷となっている――服を着たまま、風呂へ飛び込む。

大岡昇平との対談で石原が語った言葉。
「もし許されるとしたら、誰が許すかということですね。人間に許す資格はないだろうと思うのです。どうしても神という問題が出てくるのです。ただその場合、ぼくは許されているというふうに感じないのです。黙って神がそれを見ているのではないか。(略)
永久に(神は)なにも言ってくれないだろうと思いますね。」

昭和52年11月、石原吉郎は浴槽の中で死んでいたのを、訪ねてきた人によって発見されている。心不全であった。事故の死であろうが、この出来事は私にアウシュビッツ生還者プリーモ・レーヴィの死を思い起こさせる。
石原の「名称」という詩が、私の心に留まる。

風がながれるのは
輪郭をのぞむからだ
風がとどまるのは
輪郭をささえたからだ
ながれつつ水を名づけ
ながれつつ
みどりを名づけ
風はとだえて
名称をおろす・・・

ロシナンテというのは、石原が所属した詩の同人。彼の代表作には「サンチョパンサの帰郷」がある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-20 13:31 | 魂のこと | Comments(0)
<< 日本映画ベストテン エンコ(浅草)育ち >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧