人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

家族という物語

家族という物語

週末、ずっと子供の虐待についての本を読んだり考えたりしている。
保護施設に入ってきた1年生の男の子が書いた3つのオネガイがしみる。

《1つめはおかあさんがぼくをたたかないようにしてください。2つめはおかあさんがちゃんとごはんをつくってくれるようにしてください。3つめはおかあさんがテレビゲームばかりしないようにしてください。どうぞかみさまおねがいします。》

1つめは普通でないだろう。だが2つめ3つめはどの母親だってありうることだろう。子育てをしていて時々放棄したくなるのは分からないでもない。育児放棄までいかなくても育児怠慢は誰しも一度ならず考えることだ。

その誰しも考えることが度を過ぎるというところに病理を感じる。それは母親の病理なのか、母親に心に病むところがあるからか。それとも夫婦の病むものがそういう形で現われているのか。家庭をとりまく親族、近所などの社会(という大袈裟なものでなく世間というほどかも)が支えるという働きが低下しているからか。こういう要因が複合して、母は子供を虐待するのだろうか。(虐待は母だけではないことは承知しているが、今焦眉の事例はまず母から始めなくてはと私は考えている)

児童虐待というのはいつの世にもあったというのは当然だ。江戸時代でも角兵衛獅子の虐待や継子イジメというのは芝居や落語にも出てくる。黒澤明「赤ひげ」でも虐待されてアパシーになった少女を仁木てるみが演じていた。ドラマと分かっていてもその悲痛な叫びは心に響いた。

だが今起きている虐待はそういうものと少し違う気がしてならない。戦後、家というものが解体されて、核家族化というものがすすんだ。一族が同居したり3世代が同居するようなときにあった「構造」が壊れた。
そうやって生まれた核家族では孤立した母がひとりで問題をかかえこむ状況になった。生活の近代化は移動を促し、家族は地域との関わりも薄くなっていった。ヒューマンネットワーク、地域ネットワークがずたずたになり、家族はぽつんと孤立しているのだ。その真ん中に母がさらに孤独感を深めている。

結論を出すには早いと知っているが、この現状に対抗するとりではそれでも「家族」という物語の回復ではないかという気がしてならない。
いや、その家族こそが障害を起こしていて、弱いこどもという部分に向かっているのではないかという反論もあろう。
そういうマイナス要因もあるだろうが、その傷口を治癒させるものは家族しかないのではないだろうか。

私は反虐待キャンペーンの番組の柱に「家族の治癒力」というものを仮説として立てて、番組の企画を考えようかなと今思っている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-19 13:35 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< エンコ(浅草)育ち バリカンの思い出 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧