人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

下妻物語

映像的漫画的面白さ

例によって、週末マイシアターのためにTSUTAYAでDVDを2本レンタルした。
「リンダ・リンダ・リンダ」と「下妻物語」だ。このところ日本の若手監督の力量を計りたいと邦画を見ることが多い。

2本並べるとすごく作品の特徴やノリがよく分かるものだ。
最初に「リンダ」から見始めた。それなりに青春映画としてよく出来ていると聞いていたので。青春のサークルものだと予想して見始めた。あのヒット曲「リンダ・リンダ・リンダ」を使っての突っ走る青春ものとふんでオープニングを見守ったが、重い。ヘビーだ。テンポが悪い。現在(いま)風高校生の無気力的シラケ的風情を意識しての演出かもしれないが、セリフはぼそぼそ、仕草もたらたら。そうして5,6分経過したあたりで、「リンダ」の曲にめぐりあった女の子らがはしゃいで歌い始める。唐突だ。

別にリアルでシリアスな作品を期待しているわけではないが、あまりに日常的な世界がだらだら続くには呆れた。「ウォーターボーイズ」だって「フラガール物語」だってもっと早く物語りの「展開力」がさっさと提示され動きだしていたのに。やたら高校生の「終わりなき日常」をたらたらとやっているのには耐えられない。10分過ぎに見るのを放棄。
ここが映画館で見るのと違うところ。映画館へ行けばつまらない映画に出会っても、そこから途中離脱するのは容易ではないが、ホームシアターはいとも簡単だ。420円より時間の無駄遣いのほうが大切だから。

「下妻物語」は円谷プロダクションの森島プロデューサーが推薦してくれた作品だ。最初から“漫画”だと承知していた。というのはロココ好きの女の子とヤンキーの女の子の組み合わせ、嶽本のばらの原作とくれば、突飛なことは起こるにちがいないとふんでいたのだ。

想像通り、とてつもなく突飛で漫画的なタイトルバックから入り、主人公深田恭子が関西から下妻までやって来る経緯も実に素早く手際よく面白くまとめられていた。アイドル映画の一種だろうが、篠原涼子、樹木希林 、宮迫博之らのうまい役者が早くから登場して、「一生懸命のお笑い」というのが分かりやすい。ヤンキー娘の土屋アンナが可愛い。

物語の中盤の後半あたりでやや停滞するが、とにかく終わりまで観客を引っ張ってゆく。
終盤ではきっちり仕掛けの回収が行われ、すとんと観客はそのツボにはまるのだ。この映画の中島哲也 監督はCFの世界からやって来たと聞くが、なかなかの才人だ。近作「嫌われ松子の一生」も評判がいいから見たいのだが、DVDがリリースされたばかりでTSUTAYAの棚はすべてレンタル中だった。その理由が「下妻」を見てよく分かった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-18 08:50 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< バリカンの思い出 虐待、その悲しみ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧