人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

サノヨーコの謎

サノヨーコの謎

佐野洋子の新刊『覚えていない』(マガジンハウス)を読んだ。下品だ。
ホントにこの人は品がない。人間の大事なものは2つあって1つはお金で1つは愛の生活だって。その後者は《遠まわしに言ったけど、愛の生活ってセックスライフのことである》とあけすけに書く人、それがサノヨーコである。

だいたい言葉のセンスが変態だ。男性器はチンチンと書くくせに女性器は××××と表記するんだぞ。余計いやらしいじゃないか。しかも自分の性の側を伏字にするというひん曲がった根性。

先日、椎名誠のキャスターによる絵本の特集番組を制作したが、ここだけの話、椎名VS佐野対談を当初予定していた。ところが直前になって、サノさんが体調を崩し“異色対談”は流れた。惜しかった。めったにテレビに出ないサノさんを引っ張りだし、彼女が「日本の最後の男」という椎名氏と対話するなんて、こりゃ僥倖というもんだぞと張り切っていた。なのに体をこわしただなんて・・・。そういうこともあって、サノさんの近況が気になって新刊本を求めて読んだのだ。

サノヨーコという存在は謎である。当人は忘れているかもしれないが、30年ほど前私の担当するラジオ番組に、出てもらったことがある。そのときの印象は悪かった。いかにもギョーカイ風の言葉を放ち、タバコをすぱすぱくゆらすヤンママだった。親友とかいう女友達をそばに置いて、そっちとばかりしゃべっていた。入社間もないような私など、目に入らないといったかんじで、女友達と男の話ばっかしてた。

それでフシギに思った。なんで、この人があの佐野洋子なんだろうって。だって、現代絵本の名作、古典とも言うべき「100万回生きたねこ」の作者が佐野洋子だよ。とても私が会ったサノヨーコと同一人物に思えない。あんなに愛することの見返りを期待しない、純粋な愛の物語を描いた、絵本界のバイブルともいうべき作品の作者なんだよ。信じられるか。

私が会ったサノヨーコは美大出身の翔んだ女で、ファニーな顔をしてスタイルがよくってバイクが好きで布施明が好きな、ミーハーなおんなだった。そのミーハー姉さんが戦後詩檀の大物にして知性派詩人の谷川俊太郎と再婚したんだよ。これもサノヨーコの大きな謎の一つだ。どこに二人は惹かれあったのだろうか。まあ余計なお世話だが気になる。知りたい。

と、一筋縄ではいかない、くえない小母さん(当人がそう名乗っている、68歳になったんだって)が書いた新しいエッセーがこれまた結構なもの。グヒヒヒと下品な声で笑いたくなる代物。そのくせいったん本を置いた後からじわーっと何かがこみあげてくる。まだ読んでいない方にはぜひ読んでもらいたい。平明な文章で、表現が感覚的かつ映像的で読みやすく、私は帰りの電車1時間20分で読了した。

ここまで書いてきて、気がついたことがある。ラジオの打ち合わせのときに女友達が侍(はべ)っていたことだ。サノさんは照れていたんだ。一人でラジオの取材を受けるのが恥ずかしかったんだ。真面目なラジオ第2放送のトークをすることを照れていたんだ。だから友達を呼んでおいたんだ。煙草をやたらめったら吸っていたんだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
サノヨーコの謎_c0048132_223724.jpg

by yamato-y | 2006-11-13 22:35 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 日本映画の傾向 南仏への旅「ガラスに魅せられて」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧