人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

秋の日のウンブリア

秋の日のウンブリア_c0048132_15315091.jpg
秋の日のウンブリア

アッシジへ行ったのは1998年ちょうど今頃の、秋の終わりだった。手前のラヴェルナ修道院で初雪に出会った。アッシジの城砦都市では底冷えする日が幾日か続いた。

モンテ・スバーシオの中腹、標高500メートルにアッシジの町がある。
町は夜ともなれば中世のままの闇が広がっていた。石畳をコツンコツーンと響かせながら歩くと、寒さが地の底から浮き上がってくるような気がした。

ロケの本隊と離れて、私は上の町をだらだらと歩いた。町の中心と思しき広場に異教の神殿ミネルヴァがあった。一説によれば、エトルリアの遺構ともいう。両脇を住宅で挟まれた、ささやかな社であった。

さらに石段を登って行くと、オリーブの精製工場があって、夜中でも忙しそうに働いていた。おりしもオリーブの収穫の季節だった。絞りたてのオリーブオイルを安い料金で分けてもらった。新鮮なオイルというのは本当に香ばしいものだ。

さらにロッカ・マジョーレの頂まで行くと、城の砦が築かれていた。急斜面の台地には芝が生えていて寝転ぶと気持ちがよかった。眼下にはウンブリアの平原が広がっていた。目の前の石垣は白い岩石が組み合わされていた。スバーシオ山で採れる石で、うっすらとピンクが混じった白い石だ。表面を剥がすとぽろりと石の塊りがとれた。
記念にと、その一個を日本へ持ち帰った。今、私の書棚の隅にある。1998・11・10とボールペンで採取の日付が書かれてある。
この石片を眺めていると、アッシジのひんやりした秋の空気を思い出す。

須賀敦子が「ベネツィアの宿」で、父がヨーロッパを恋しがっていることを記している。父豊治郎は生涯に一度だけ半年にわたって西欧を旅した。その思い出を口癖のように須賀に語ったと書いている。
《ウィーンだけは、もういちど行きたい。あの都(まち)だけでいい。ほとんどせつなそうに、そうくりかえしていた。》
 ほとんどせつなそう、か。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

秋の日のウンブリア_c0048132_154203.jpg

by yamato-y | 2006-11-12 15:31 | シリーズ世界わが心の旅 | Comments(0)
<< “あした”の研究 二日酔いの朝に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧