人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

漫画の名作二題

漫画の名作二題

「巨人の星」は1966年(昭和41年)から1970年の12月まで連載される。二年遅れて「あしたのジョー」が1968年から1973年まで、同じ「少年マガジン」誌上に登場する。

「巨人の星」が始まったとき私は大学1年だった。少し背伸びがしたくて少年誌を遠ざけていた。さらに巨人嫌いであったので、タイトルを見ただけで読む気がしなかった。だが「あしたのジョー」は連載が始まるとすぐ夢中になった。絵が大好きなちばてつやで、ボクシングという格闘技の世界が舞台だったからだ。

巨人、星一徹、梶原一騎という「巨人の星」のイメージは体制的で封建的だった。それに比べて少年院上がりの暴れ者という[あしたのジョー」というイメージは反体制的だった。当時、70年安保改定をむかえるに当たり、学生らは反体制を口にしていたから、多くの大学生は「あしたのジョー」へ肩入れした。作家の高森朝雄というのはそれまで聞いたことがないが、地味で真面目そうな印象をもった。少なくとも傲岸不遜な梶原一騎とは正反対の人物だと勝手に想像していた。

中学生の頃、貸本漫画に夢中になったことがある。そこには従来の荒唐無稽な漫画と違って、社会的な人間臭い物語を描く「劇画」という手法が台頭していた。大阪の劇画工房を梁山泊とする、さいとうたかを、辰巳よしひろ、佐藤まさあき、K元美津らである。その流れが広がっていた。流れには2種類あって絵のうまいさいとう流と社会的でちょっと高尚なストーリー中心の佐藤流である。

 さいとうの絵の系統から登場してきた川崎のぼるは、圧倒的なうまさで私の心を掴んだ。西部劇の馬を描かせたら天下一品だった。銃もリアルだった。リボルバーの弾層が発射ごとにカチャっと回る、その細部がきちんと描かれていたのだ。

その川崎が「巨人の星」を描き始めたとき意外な気がした。彼はそれまで野球のようなスポーツはほとんど手がけていなかったからだ。しかもストーリーも自分で考えるのでなく、作家が別にいるのだ。なにか、川崎に裏切られた気が、そのとき私はした。

 「あしたのジョー」の画を描いたちばてつやにはかつて「ちかいの魔球」で惹かれ、「紫電改のタカ」で圧倒されていた。絵にスピード感があり黒目がちの主人公の顔が好みだった。「あしたのジョー」の出だしにおいて、まず丹下段平といういかがわしいトレーナーのキャラクターに私は“フック”された。

この正反対の2つの漫画の原作が、同一人物であると知ったときの驚きは今も忘れていない。何か人生の秘密を知ったような、現実とはこういうものだということを諭されたような、気がした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

漫画の名作二題_c0048132_18414768.jpg

by yamato-y | 2006-11-11 18:32 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< 暗い森をぬけて 夜行列車 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧