人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

半七捕り物帳から説き起こして

半七捕り物帳から説き起こして

岡本綺堂が面白いと、友人が薦めてくれたので、「半七捕り物帳」を飛ばし読みした。
この物語の設定が面白かった。

半七という老人をわたしという新聞記者が訪ねて行って、昔話を聞くのだ。時代は明治の御世になっている。この老人が江戸時代に岡っ引きとして活躍したその話を聞きに行くのだ。うまいもんだ。
特に作劇法や日本的情緒をまぶした場面作りは見事なものだ。練達の士か。ところで、この物語の下敷きがシャーロック・ホームズと聞くとなるほどと合点がゆく。

綺堂がこの小説を書こうと考えた大正時代、『シャルロック・ホルムス』が翻訳されて評判をとったばかりだった。この探偵小説と江戸の名所図会を合わせてできないかと、構想したのが半七捕り物帳だった。半七がホームズで、新聞記者の私がワトソン君か。

私が一読したのは「津ノ国屋」という中篇だが、事件のトリックはたいしたことはないし、中ほどから犯人の予想もついてくる。その意味ではミステリーとしては物足りないが、小説全体に広がる江戸情緒がいいのだ。幕末の江戸が目に浮かぶ。

まったく話は違うかもしれないが、ビッグコミック本誌の連載劇画「単身花日」がこのところお気に入りだ。東京に妻子を置いて鹿児島に単身赴任する主人公。少年時代そこで暮らしたことがあって、土地鑑ありだ。その頃、桐野さんという女子に恋をしたことがある。その女子と思い出の町で再会する。物語の幕開けだ。だが、いちいち、主人公は置いてきた妻に後ろめたさを感じている。この仕草が最初だけならともかく、3週も4週も続くと、わざとらしい。

この辺の心理は、作者ややミスリードではないか。いつまでも東京への呵責はちょっと脇において、鹿児島の“恋”を早く再燃化させなさい。(読者の私は苛立っている)

否、作者は物語の初期段階で、伏線をいろいろ張り巡らしている、という意見もあろう。
だが、そういう操作もだらだらすると、本物語にまでたどり着く前に、読者は引くぞ。
このあたり、「春のワルツ」にその苛立ちを今感じている。

このブログは支離滅裂だ。本日昼下がり、娯楽読み物って何かなと資料室で考えていた、その妄想をそのまま書いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-10 16:41 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< あしたのジョーの、あの時代 インテリの博徒 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧