人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

すばらしいスタッフ

バブルの時代にこんな人がいた④最終回

熊田千佳慕画伯の絵というのは、筆の毛先3本で描くきわめて細密なもの。描かれた虫たちはまるで生きているようだ。昆虫の一つ一つ部位を埋めてゆくもので、その作業は傍目からも気の遠くなるようだ。

画伯はファーブルの『昆虫記』を200枚の絵にすることをライフワークにしている。80歳までの段階で48枚仕上がっていた。番組は49枚目の主題「こおろぎの愛のセレナーデ」を描いてゆく過程を追う。オスのこおろぎが巣穴を出て途中どんな外敵に会うかもしれないが、勇気をもってメスのところへゆく、その光景だ。この絵の主題と、熊田夫妻の生き方がとてもよく似ているように思えた。こういうことは最初から分かるものでなく、地道な取材の中で事実が開示されてゆくものらしい。ニッキーとU沢ディレクターはひと夏を横浜三ツ沢で過ごした。

 物語の内容についてはこれ以上語らない。ぜひ、日曜日の「NHKアーカイブス」をごらんいただきたい。
最後に制作スタッフについて言及しておきたい。
ナレーションの牟田悌三さんが実に味のあるうまい語りを聞かせてくれた。朗読の抑揚、間の取り方、役者のナレーションの最高の水準を確保してくれた。この語りに応えようと、私たちも必死でナレーション原稿を作成した。さんざめく星座・・・といった、普段おさえめにしている体言止をあえて使った。
一箇所、私は亡き父が口癖にしていた聖書の言葉を使っている。「虫のように、明日を思い煩うことなく、無心に生きてゆこうと思うのです。」これは有名な野の百合の一節からの借用だ。ここを牟田さんがどう読みきってくれたか、ぜひ番組でたしかめてほしい。

この語りを支えたのが音響効果である。べテランのサイトーさんはうまかった。チェロの曲一種類で、番組の音響をデザインしてくれて、見る人の心にしみるように作ってくれた。後に、私は「向田邦子の秘めたもの」でもサイトーさんに助けてもらうことになる。
映像編集のマツバラ君とは深夜まで大声で怒鳴りあいながら議論した。お互い、この物語を大切に感じていたからこそ、中途半端な構成にはしたくなかったのだ。

最後にもう一度、番組の放送予定を記しておく。
11月12日(日)午後11時10分からの「NHKアーカイブス」にて。その中の45分間。
「私は虫である・昆虫画家の小さな世界」 総合テレビ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-10 08:06 | Comments(1)
Commented at 2009-10-10 21:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< インテリの博徒 青春地獄篇 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧