人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

青春地獄篇

古き良き時代


大伴昌司の映画のシナリオを現在開発中である。シナリオ作家は30代前半の女性。真面目で少し跳んでるところがあっていい人だ。
ただいま、ロングプロットの4稿まであがった。最終の直しをやっている。その彼女が書いた文章にちょっと引っかかった。

物語りの最初のシーン。現在の渋谷駅前から始まり昭和44年に時代がさかのぼるのだが、その場面でのト書きがやや気恥ずかしいのだ。
「レトロな風景、レトロなファッションだが、行きかう人々は生き生きと活気にあふれている」と昭和44年の場面で記されているのだ。

30代未満の男女と話していると、60、70年代の青春ってエネルギーに溢れていてかっこいいですねと、羨ましがられることが多い。
どうやら、ものは今ほどなかったが、熱い情熱を真摯に男女がぶつけあったと理解しているようだ。そう思っていただいているのにわざわざ冷水を浴びせることもなかろうと、にやにや笑いながら聴くというのが常だが、シナリオに書き込まれるとなると、よーく考えなくてはなるまい。

今の若い子がだらしなく自分勝手に生きているが、私らの若いころだった昭和45年前後はもっとみんな生き生きしていたぞと、胸をはって言えるだろうか。
ここだけの話、先日放送された妻恋コンサートに集まった中高年の顔は暗かった。彼らはまさに45年ごろに青春をむかえた世代だ。けっして明るい過去を生きてきたという表情ではなかった。拓郎もハッピーとはみえなかった。

私の場合、若い世代から羨まれると、一応リップサービスで「楽しきかな、わが青春」と謳いあげるが、一人になると自己嫌悪に陥るというパターンだ。
森巣博の本で教えられた言葉がある。
THE GOOD OLD DAYS THAT NEVER WERE
(存在しなかった古き良き時代)

あの時代は懐かしいが、若者が想像するほどハッピーでもなかった。良き時代というふうに美化しておきたいが、実際はむしろ、青春地獄篇だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-09 22:13 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< すばらしいスタッフ カメラも虫の目になった >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧