人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

カメラも虫の目になった

バブルの時代にこんな人がいた③

取材は初夏から中秋まで続いた。ニッキーは経験がほとんどないので、介添えにベテランのU沢ディレクターを立てた。カメラマンは北海道から転勤してきたばかりのI田君だ。素朴で無口でにこにこ笑っているI田君が凄い腕の持ち主だとは、当初予想もしなかった。

完成した作品を見てもらえば分かるが、盛り上がりのない淡々としたドキュメンタリーだ。いわゆる画のならないエピソードばかりだ。あるとすれば、3つのハイライトシーンがある。
1つは蝉の羽化。2つめは自閉症の少年との語らい、3つめはライフワークの絵を描きあげる。とても、ゴールデンの時間帯に流れるような話ではなかった。特に、当時はバブルで豪華や美食ということがこれでもかと言わんばかりに華やかに番組として仕立て揚げられる傾向がつよかった。その中で、ぽつんと地味な番組が放送されたのだ。

3ヶ月のロケで、節目で撮影したビデオを私は目を通した。I田カメラマンの力量に目をみはった。熊田画伯が昆虫を観察するシーン。虫は近づいただけでもすぐ逃げるものだが、画伯の場合はそういうことがない。だが撮影するカメラマンは別だ。彼は虫にとって外敵と疑われる存在だ。画伯がどれほど観察できても、その光景をそばで撮影するのは無理であろうと私は諦めていた。
 
ところが、撮れてきた映像はすべて至近距離だ。ズームで撮影しているわけでなく、自分の気配を消してきちんと虫と画伯の関係を押さえていた。虫は撮影されていてもいっこうに逃げないのだ。いったい、どういうふうに撮影したのかと、首をひねるスーパーショットがいくつもあった。

ドキュメンタリー「 "私は虫である"」
放送日時予定:2006年11月12日(日)午後11時10分~(そのなかの約45分間)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
カメラも虫の目になった_c0048132_17371377.jpg

by yamato-y | 2006-11-09 16:39 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 青春地獄篇 清貧の中 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧