人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

誰が風を見たでしょう

風のそよぎ、息吹

明け方に一雨来た。出かけるころには陽がさしてきた。光がまぶしい。きらきらしている。
ツヴァイクの道を降りると草むらに雨露があちこちで光っていた。冬が近づくと、光は急速に粒になって可視化してくる。イタリアで葉祥明さんに教えてもらったとおりだ。

つづら折の2つめを曲がったあたりで風が吹いた。さーっと山肌のつたの葉裏をそよがせて渡ってくる。心地よい。まるで春のそよ風のような穏やかさだ。
リズムをつけて下っていても、風は吹き続けている。髪をうっすら逆立てるほどの風だ。これが門脇老師の言う「息吹」なのかなと思った。

門脇佳吉さんは上智大学の先生だが、本職はカトリックの神父だ。あの加賀乙彦氏に洗礼をほどこしたほどの人だ。さらに禅の老師でもある。ながく魂ということを考えてきた。
オウム真理教が魂のことを語ったとき、いち早くカトリックの立場から異議を申し立てている。1996年に魂について考える番組を、先生を中心に制作したことがある。

普段姿を現さない“魂”が立ち現れるのは、神からの息吹を受けるときだと、老師は語った。その息吹の意味が当時理解できず、今もしっかり分かっていない。
ウィリアム・ブレイクの絵で、神の使いがふーっと息を吹きかける光景がある。あのようなものかと想像した。穏やかなものであれば、ポッティチェリの「春」に女神が口から花を吹き出しているようなものかとも考えた。

門脇老師の語った“息吹”は比喩だったのか、形而上の真実なのか、いまもしっかり分からないが、なにかそういう「祝福」を受けたいものだと憧れた。そういえば、祝福するのBLESSと息をするのBREATH とはよく似た音だな。そしてBREATHには風のそよぎ; いぶき, という意味もあるのだ。

風はどこから来て、どこへ吹くのか――時々考えると世界がぐらっと揺れる。 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
誰が風を見たでしょう_c0048132_15192611.jpg
誰が風を見たでしょう_c0048132_15193856.jpg
誰が風を見たでしょう_c0048132_15195039.jpg
誰が風を見たでしょう_c0048132_152024.jpg

by yamato-y | 2006-11-07 14:00 | Comments(0)
<< 白バラの祈り  手相できめる運不運 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧