人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

1970年のピンボール

1970年のピンボール
1970年のピンボール_c0048132_21374126.jpg


村上春樹の『羊をめぐる冒険』は、1969年秋から始まる。主人公は20歳とある。69年から70年夏にかけて、彼の通う大学(モデルは早大)は閉鎖とロックアウトを繰り返していた。70年秋になると、彼の友人の多くは大学を辞めていた。一人は自殺し一人は行方不明になったと、書いてある。

1969年秋、私は大学4年だった。翌年の春に放送局に就職することになっていた。全国の大学でも闘争が下火になりつつあった。私や同級生らは運動から遠ざかりつつあって、就職の内定をとろうと走り回っていた。そんなときに、”犠牲”となった学生の噂がときどき流れた。ある先輩は対立するセクトから逃走して、蒲田の町工場へ潜んだ。そこでプレスの機械に間違って指をはさまれ、切断することとなった。その後解雇され行き場がなくなり、彼は服毒自殺した。ある友人は船でナホトカへ向かった。シベリア経由でヨーロッパへ行ったのだ。一生会うこともないだろうと思った。(そのころ、外国は異世界だった)

『羊をめぐる冒険』は、69年秋から70年秋へと場面が飛ぶ。70年11月25日のエピソードになる。この日、三島由紀夫が陸上自衛隊市谷駐屯地で自決したが、それにはちらりと触れただけに過ぎない。
この小説の70年は、三島事件のみだが、私にとっては3つの事件と1つのイベントがあった。

1つめの事件は1月に発売された少年マガジンで起きた。その日は家にいた。友人から電話が入った。声がひきつっていた。「どうした?」と聞くと、「力石が死んだ」という。力石?そんな名前の友がいたかな。内ゲバで誰かやられたのか、と咄嗟に思った。友人はそのうち涙声になっている。「リングから降りてすぐ倒れたのだ、その後運ばれた病院で死んだ」
ここまで聞いて、「あしたのジョー」の力石徹がその週発売された少年マガジン誌上で死んだということが分かった。私は、友人のあまりの真剣さに少し呆れた。

2つめの事件は3月31日だ。私は、翌日から始まる会社の研修のため上京していた。世田谷の砧にある研修所へ向かうタクシーの中にいた。カーラジオが突然「ハイジャック」と叫んだ。
よど号が赤軍派によって、ハイジャックされたのだ。この飛行機が北朝鮮に向かったとき、67年ごろから続いた政治闘争の季節も終わったと私は思った。

春から大イベントが大阪で始まった。大阪万博である。私は研修を終えた7月、大阪へ転勤を命ぜられた。梅田の駅は万博へ向かう人波でごったがえしていた。70年安保から目をそらせるために政府が仕組んだこのイベントには決して行くまいと決めていたが、田舎から出てきたガールフレンドに行きたいと言われると、あっさり宗旨を変えた。万博の会場にはアメリカやヨーロッパがあった、未来社会があった。会期中に私は10回ほど通った。

3つめの事件は11月の三島事件である。大阪の職場で一報を聞いた。奈良の榛原から通勤している先輩が興奮していた。後から知ったが、彼の実家は大三輪神社の末社にあたるそうだ。文庫本を固く握り締めた手がぶるぶる震えていた。オフィスは一時騒然としたが、まもなく何もなかったかのように平静になる。その夜、曽根崎の居酒屋で同僚と飲みながら三島の文学論を交わした。

こうして、激動の1970年は終わる。だが、私にとっての本当の激動は翌年の1971年に起こるのだ。

さて、大伴昌司を調べていて意外な事実にあたった。「あしたのジョー」を三島由紀夫は愛読していたというのだ。1969年の夏、深夜に講談社のマガジン編集部に三島が突然現れ、今日発売されたばかりのマガジンを売ってもらいたいといった。その日、映画撮影で遅くなり入手できなかったので、直接編集部に来たそうだ。理由を聞くと、「あしたのジョー」を読むために、毎週水曜日に買っていると答えた。

そして、よく知られた話だが、よど号の犯人田宮高麿も日本を飛び立つとき残したメッセージも「あしたのジョー」と関わっていた。「われわれは明日のジョーである」(正確には『あしたのジョー』)という声明文を残したのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-03 16:59 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 神戸 懐かしのジャズ喫茶 寒冷アレルギー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧