人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

クドーさんからの宿題

解けないテーマ

 私がいつもお手本とした、クドーさんというプロデューサーがいる。ディレクター時代は「廃船」とか「富ヶ谷国民学校」といったフィルムドキュメンタリーの傑作を作り、プロデューサーのときは「2・26事件」や「ぐるっと海道3万キロ」など話題作を立ち上げた人物で、テレビドキュメンタリーの礎を築いた。10年以上前に他界した。時に58歳、今の私と同じ年齢である。早すぎる死であった。

 晩年の10年、ちょうどバブルの頃、私はよくクドーさんに連れられて新宿、浅草と飲み歩いた。直接の上司ではなかったが私はクドーさん流の生き方に憧れて、後を追ったのだ。素面の時は鋭い質問が飛ぶが、酒席はまったくの無礼講だった。

この人はいつも時代を読んでいたと、今になって思う。映画「男はつらいよ」を欠かさず見ていたのも、山田洋次監督はこの時代をどう見ているのかと時代の気分を測っていたようだ。話題の本や流行の現象について、周囲の人間によく意見を求めていた。酒席で問われたりすると、私も気が緩んで出任せに返答したものだ。そういう場ではクドーさんはニコニコ笑って聞いていた。

 しばらく経って忘れた頃に、その話題がリターンするのだ。「そういえばこの間の件だけど…」とクドーさんはやんわりと話かけてくる。矛先は徐々に厳しくなり、あいまいな返答では解放してくれなくなる。どんな根拠でそのような答えになるのか、情報の正確さと論理の整合性をきっちり求められた。
 
 昭和59年頃、クドーさんはさかんに「ウォーターフロント」にこだわっていた。たびたびこの聞きなれない言葉について質問された。私の知識では、かつて赴任したことのある長崎の大浦埠頭の再開発やボストンのモール計画についてしかなく、それらしい答えを述べたものの、どうもクドーさんはピンとこなかったようだ。

1年後、「ぐるっと海道三万キロ」という番組が登場した。クドーさんの肝いりだと聞いて、唖然とした。私は単なる知識としてウォーターフロントを語ったのだが、クドーさんは番組の機軸として、この概念を用いたのだ。プロデューサーのまさに模範だった。

 クドーさんの中では、企画と話題がストレートに結びつくわけではないのだ。話題となる事柄や事象を問いただしてそれがクローズアップされる所以をつきとめた後、その所以を新しいステージに転換させて番組化をはかる――そういう手際を私は「クドーマジック」とよんでいた。

 最晩年、なつメロ酒場で戦前のジャズシンガー、川畑文子の歌声を耳にしたときのことだ。「これを調べてみたら」といってクドーさんはニヤリとした。どんな理由で、なにがおもしろいのか尋ねてもいつものクドーさんにもどっていて取りつくシマもない。その後いろいろ調べたが番組化する糸口さえ見つからず今に至っている。何か、宿題をまだ残している気分だ。

川畑文子について言い添えておこう。アメリカ生まれの日系ジャズ歌手で、戦前日本で活躍した人だ。独特の歌い方で、この影響を受けたのが、「上海バンスキング」で見事な歌を見せた吉田日出子だ。あの歌い方こそ、川畑文子なのだ。
  

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-02 12:29 | 賢者の面影 | Comments(0)
<< 草むしり療法 論ずるとき自分はどこに居る >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧