人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

憲兵への恐怖

憲兵への恐怖

20世紀学の主任教授、S先生の専門は歴史学である。ナポレオン研究の第一人者だ。その先生のもう一つの研究テーマが「戦争の記憶」。文献や碑文などから探るほかに、映画に表れた戦争の記憶も調べている。そういうこともあって先生の研究室には珍しい映画のビデオ、DVDが並んでいて、私もときどき借りる。

 新東宝の憲兵シリーズを借りた。このシリーズは元憲兵大尉という経歴を持つ作家・小坂慶助の『のたうつ憲兵』を原作から始まったらしい。並木鏡太郎監督で映画化された題は、「憲兵とバラバラ死美人」。いかにも新東宝らしい猟奇的なネーミングだ。

 昭和12年秋、歩兵部隊の炊事場にある井戸からバラバラの死体が発見された。この奇妙な事件を解くために腕利きの憲兵小坂(中山昭二)が派遣される。死体は陸軍病院でバラバラにされたらしい。怪しい男、恒吉軍曹(天知茂)が浮かび上がる・・・。

もう一本は「憲兵と幽霊」。監督は、あの中川信夫だ。
ある日、憲兵隊で軍の機密文書が盗まれた。波島少尉(天知)はそれを田沢伍長の犯行と断定。無実の彼に自白を強要するうち波島は田沢伍長を射殺してしまう。実は波島は以前から田沢の美人妻(久保菜穂子)に思いを寄せていたのだった。やがて田沢の亡霊が現れてくる・・・。
 中川監督の名作「東海道四谷怪談」を彷彿とさせる物語だ。

憲兵とは、軍事警察権および、普通警察権を行使できる軍人のことである。 軍事警察とは、第一に軍事司法警察であり、これは軍事に関係した犯罪を対象とするもので、軍法会議法等の法令に従う。軍事警察の第二には、思想調査などの特高的任務を指す。

故郷に帰って映画好きの母にこの2本を見せた。すると、母は自分の体験を語り始めた。

昭和20年初夏、戦争末期、母は少年飛行学校の経理で事務補助をしていた。19歳の時のことである。そこでは1000人近い少年兵の食糧を管理していた。上司のEはある城下町の老舗の御曹司で、30近い男であった。兵役は一度すませていた。
飛行学校の本部には横柄で威張った下士官がひとりいた。尊大な態度で母は虫が好かなかった。 

戦局が悪化して、周りの男たちは次々に召集されてゆくようになっても、体格のいいEには赤紙がなかなか来ない。それを母はフシギに思っていた。

 7月、Eとその下士官は憲兵によって突然逮捕された。汚職の容疑である。
Eは1000人分の食糧の上前を少しずつはねて横流ししていた。そこで得た儲けを例の下士官に賄賂として渡していたのだ。その下士官は召集令状を発行する立場にあり、Eの召集を握りつぶしていたのだ。二人はすぐ牢屋に入れられ、尋問が始まった。

 母もEの近くにいたので憲兵から尋問されるかもしれないという噂が流れた。母はおびえた。何も加担してはいないが、傍にいたというだけで罪を問われるかもしれないと恐れたのだ。祖父も祖母も、もし娘が憲兵隊に引っ張られたら恥だと、悩み慄いた。

結局、母は憲兵の取調べを受けることはなかった。下士官は朝鮮の前線へ飛ばされ、Eは営倉へ入れられた。
―― それから程なく終戦となる。Eはこのどさくさでうまく逃れた。釈放されたのだ。戦地に行った下士官はどうなったかは分からない。

60年も前の出来事だが、母にはこのとき味わった恐怖感が今も忘れられないらしい。憲兵への恐怖を語るとき母は顔がやや歪んだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-11-01 09:01 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 論ずるとき自分はどこに居る 新宿の赤い半月 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧