人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

シーナマコトの世界

シーナマコトの世界


絵本の番組を作った女プロデューサーから聞いた話。
「佐野洋子さんって、いわゆるマッチョな男は嫌いだそうですよ。」
そうだろうなあ、『百万回生きた猫』のようなナイーブな物語の作者だから。
「筋肉質で色が黒くて、シャツをはだけて着て、いい年の癖にジーンズをはいていたりする男って、大嫌いなのだそうですよ。」
なるほど、内剛外柔の繊細な詩人のような人種が好きなのだ。
「でもね、シーナマコトだけは例外だって。シーナマコトだったら、どんな格好でも許すってどこかに書いていましたよ」

「椎名誠の絵本を旅する」で、今回じっくり編集室でシーナ氏と付き合って、佐野さんが言っていることが分かった気がした。二人の子供が幼かったころ、膝において絵本を読み聞かせたということを回想するシーナ氏は、照れていながらも真率で好感がもてた。ポーズでそういうことを言っているのでなく、読み聞かせたという当該の古くなった絵本を持ってきてくれた実直さや、その本が何回も使用されたことを証明するセロテープのつぎはぎから、分かった。

これまで、きちんとシーナ氏の著書を読んできていない。『哀愁の街に霧が降るのだ』や『さらば、国分寺書店のオババ』など、ベストセラーになったときは、「けっ、昭和軽薄文体かよ」と本の表紙だけ見て通り過ぎていた。峰岸達のイラストは気になっていたが。だいたい、旬の本とか流行語というのはすぐ読んだり使ったりするのは抵抗がある。
「萌え」とか「べた」とかという最近のはやり言葉はひっかかる。『国家の品格』とか『バカの壁』とかいったべストセラーにはけちをつけたくなる。ゴマメのやっかみだ。そんなこんなで、これまでパスしてきた本を、ぼちぼち図書館で借りては読みはじめた。
昨日、目黒図書館で借りたのは『新宿熱風どかどか団』、『銀座のカラス』『屋根の上の三角テント』いずれもシーナマコト著、『小説は電車で読もう』植草甚一著、『幻の男たち』淺川マキ著らである。

『新宿熱風どかどか団』を読んでいたら、知っている名前に出会った。「週刊ポスト」の編集者、高橋攻氏だ。どこで会ったか忘れたが20年ほど前に、2,3度いっしょに新宿で飲んだことがある。ちょうど、この『新宿熱風どかどか団』に高橋さんが登場したころだ。高橋さんは、この本ではPタカハシと呼ばれて、シーナ氏の連載を担当していた。「ラーメンの本場中国へのラーメン西遊記」とか「ヘンタイうどん化した町、高松緊急視察団」とか、シーナ初期名作ルポの影の功労者であった。
たしかに、面白く口八丁で有能な編集者だ。その後、「ポスト」の副編集長や他の雑誌の編集長を務めたと思うが、もう定年で家にいるのだろうか。私にとって忘れられないことは、この人は鞄マニアだったということだ。仕事柄必ず携帯するショルダーバッグについて、うんちく、ノーガキがすごい。自分でデザインして特注で作らせたものを、何代も重ねて持っているのだ。鞄機能について、酒を飲んでいる間中はなしていた。その後、タカハシさんから作家やイラストレーターを数人紹介してもらうことがあった。広島へ転勤した頃から間遠になってしまった。

シーナ氏は、こういう異能の人物に囲まれて、一歩一歩成長していったのだな。だんだん、興味が高まってきた。来週は会社の資料室でシーナ本を探してきて、片っ端から読もう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-10-29 12:32 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 寺山修司の俳句 6万アクセス、ありがとう >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧