人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

多重映画脚本家

多重映画脚本家


桂千穂というシナリオライターがいる。映画化されたシナリオが79本というから、たいした実績だ。
昭和47年、デビュー作「薔薇の標的」、主演は加山雄三。そこから続く作品がすごい。「熟れすぎた乳房」「女高生・肉体暴力」「SEXハイウェー」「海女レポート・淫絶」「暴行切り裂きジャック」「むれむれ女子大生」・・・・蜿蜒と続く。これらは大半日活ロマンポルノだ。53本、最多のシナリオ作家だ。ここで腕をきたえた、女ながらに。
と思ったらオッサンだった。

1929年生まれで、本名島内三秀。シナリオの道に進んだのは大伴昌司の励ましにあると、本人は回顧している。この夏、世田谷文学館で開かれた大伴昌司シンポジウムにパネラーとして参加された。そのとき大伴のシナリオ修行時代の話をうかがったことから私は知った。桂千穂は70過ぎの小柄な「おじいさん」になっていた。

桂さんはシナリオ研究所で大伴と同席したことから、推理小説同好会に誘われた。二人が意気投合したのは、ホラー映画のベストワンは中川信夫監督「東海道四谷怪談」だということからだ。二人とも、社会派、ヒューマン映画は好きではなかった。テンポとかリズムのない映画は嫌い。

70年代後半から、桂さんは商業映画で活躍を始める。「ハウス」「女王蜂」「蔵の中」「俗物図鑑」。80年代になるとヒットを続々飛ばすようになる。「幻魔大戦」「アイコ16歳」「唐獅子株式会社」。そして大林宣彦監督と組んで名作も飛び出してくる。「ふたり」「廃市」「あした」

桂さんの映画の見方、シナリオの書き方がインタビュー集「多重映画脚本家」(ワイズ出版)に出てくる。おもしろいから引用する。

シナリオに流行語は取り入れない、すぐに古くなるから。
「今は、へんな映画しか見ていないオタクが、8ミリとかビデオで自主制作やって、そのままプロの映画とっているでしょ?それじゃいけないんです。オーソドックスな、起承転結のちゃんとした映画をですね、最初に見なくてはいけないんです」
人物描写は一貫性さえあればいい、「人間を描け」も程度問題だ。人間を描くことばかりに足をとられていると、映画がつまらなくなる。シナリオは技術だ。
テレビシナリオは大嫌い。

とにかく、ヒューマンで湿っぽい映画は嫌いなのだ。筋がしっかりしてテンポがいい映画をよしとする。おまけに性的暴力的破壊的趣味が濃厚。これが桂千穂ワールドだ。インタビュー集を読んでいても、過激な発言がぽんぽん出てくる。

ところが現実に出会った桂さんは、文字通り男でなくおばあさんの印象だった。小柄で丸くてぐずぐず言って。著書や映画で示しているイメージとまったく違うのだ。へんな人だ。こういう人と気が合った大伴昌司も相当変だったのだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-10-28 12:17 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 6万アクセス、ありがとう 赤い月 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧