人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

五味調和

五味調和

韓流ドラマというくくり方は好きではない。「冬のソナタ」が傑出したドラマであって韓国のドラマがすべて優れているとは、私は見なしてきてはいない。たしかに、「シュリ」以降の韓国映画のレベルの高さには目を見張るものがあるが、テレビドラマでいえば、「冬ソナ」以外あまり見るものがないと考えていた。

来週、長崎で韓国宮廷料理の話をすることもあって、ここ数日「チャングムの誓い」を連続して視聴している。これは60分×54本もある長大なドラマで、なかなか終わらないが飽きない。面白い。あらためて韓流テレビドラマを見直した。

「冬ソナ」はユン監督のもつメロドラマの特性を把握した制作によるところが大きいが、「チャングム」は物語りする面白さであろう。イ・ビョンフン監督自身語っているのだが、この歴史ドラマは史書の中に一行だけあった医女朝今という言葉から発想したというだけあって、話が奇想に満ちていて観客を飽きさせないのだ。

 この「チャングム」論はいずれきちんと語ろうと思うが、「冬ソナ」とあわせてこの2本のドラマの魅力が共通しているのはキャスティングであろう。配役の層の厚さである。
「チャングム」であれば、主人公の上司にあたる二人の女官、ハン尚官とチェ尚官を演じる女優であり、「冬ソナ」であればキム次長を演じる男優であったりする。

 日本のテレビドラマはほとんどアイドル中心で、仮に高年の男女の役者が出ても単なる脇役でしかない。その人物に思い入れるほど描かれてはいない。要するに配役があまりに若者、人気中心になされていて人物像が平板でドラマにまったく膨らみがなく、大人が見るにたえないのだ。韓国の料理の基本は五味調和だ。塩味とかしょうゆ味という偏った味付けでなく甘味、辛味、酸味、苦味、鹹味など5つの味の調和を図ることでだという。配役もそうだ。若者だけでなく中年、老人、などが広く厚く選ばれている。だから芝居が単調でなく面白くなるのではないだろうか。

ところで、ことわざというのは食文化の民族性を発露していると、韓国の俚諺を読んでいて思った。面白いと私が感じたものを備忘のためここに書いておく。
○牛の耳に経を読む(馬の耳に念仏)
○黒い子犬で豚を仕立てる(ウソで真実を塗り固める)
○アヒルが止まり木に止まったようだ(非常に場違いだ)
○えびで鯉を釣る(えびで鯛を釣る)
○唐辛子は小さくても辛い(山椒は小粒でぴりりと辛い)
○きゅうりのつるになすびがなるか(この親にしてこの子あり)
○かぼちゃに鍼(ぬかに釘)
○かぼちゃが転がる(棚から牡丹餅)思いがけない授かりもの
○梨を食べて歯をみがく(一挙両得)
○おつゆでやけどした者は冷たい水を見てもふうふう吹く(羹にこりて膾を吹く)
○豆腐を食べて歯が抜ける(どんなときも油断は大敵)
○知らぬが薬(知らぬが仏)

さて、今月末に私は二大ドラマの二人の監督、ユン・ソクホ、イ・ビョンフン氏に会うことになっている。二人の共通性や違いをしっかり見てきたいと今から考えている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-10-12 11:35 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 認知症との闘い  番組の見どころ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧