人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

いじめの後遺症

いじめの後遺症

滝川市で昨年起きた、小学校6年生の女児の自殺に関する波紋が広がっている。
1年間にわたりこの女児が書いた遺書を握りつぶしてきた市の教育委員会が一転していじめがあったことを認定したのだ。

普通で考えてもいじめと分かるこの事態を、結局委員会は保身のため隠蔽しようと策動してきたが、女児の両親の必死の訴えで明るみにでたわけだ。
その二人の親の心中を思うとたまらない。二人は記者会見にも出ることができず、親戚の人が代行していたが、当然であろう。

女児の祭壇が映ったとき、遺骨が入った箱に十字の文様がついていた。この一家はクリスチャンであろうか。ひょっとすると、この女の子は幼い頃からイエスの教えを聞かされ、隣人を愛するようにしつけられたのかも。そういう博愛が通じない「獰猛な」級友らの中に放り込まれたのかも。とつい憶測してしまう。

遺書の文言もしっかりしていたし、文字もきちんと並んでいた。きっと優れた子であったろう。長いものに巻かれろといった生き方をしなかったことが、彼女を追い込んだのかもしれない。

それにしても担任は何を見ていたのか。きっと実態は知っていたにちがいない。あえてその先生は火中の栗を拾おうとしなかったのだ。担任だけでない。教務主任も学年主任も教頭も校長もだ。彼らは女児が自殺してからも1年間、ほうっかむりしてきたのだ。この無責任な構造。

今日のニュースで気になることがあった。女の子の同級生らは現在中学1年生になっている。その中学校で腹痛を訴える同級生が増えているという情報だ。
中学校では保護者会を開いて事態を説明し、生徒らの不安が広がらないよう対策を講じているというのだ。

 変ではないか。おそらく体に異常を感じている大半の者はいじめに関わった子供らではないか。今頃になってことの重大さに気づき不安で体が異常を来たしたのではないか。いじめの後遺症だろう。
未成年だから保護される存在だから、そういう生徒の心の健康を守るために、学校側が対策を立てるというのは、教育という点から理解できないわけではないが感情として納得できない。

なぜ、いじめた人物らの命が守られて、いじめのうえに自殺した少女の名誉が守られてこなかったのか。――

結局、こういう事件は「2度と起こすまい」と女児の霊に誓ったとして落着し、収束していくのか。

他人の私ですらこれほどいじめた当事者、関係者に憤りを感じるのだ。親であればもっとその思いは深いと思われる。
だが、あの大河内君の父君はそのいじめた当事者らと語り合い、交流をもっている。その気高い思いが、私のようなものには分からない。父君はこの12年間人に言えない苦悩を重ねて、この境地に立っておられるのだろう。

腹痛という後遺症。それを病んでいる子供らは今どんな胸中にあるのだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-10-06 12:46 | 登羊亭日乗 | Comments(2)
Commented by どもわこ at 2006-10-06 13:13 x
腹痛という後遺症を病んでいる子供たち。その原因が後悔であることを祈ります。あの子がいじめたのだと後ろ指を差され、今度は自分がいじめの対象になるのではないかという恐怖からの腹痛だとしたらやり切れません。そして、腹痛にもならない子がいっぱいいるのだとしたら・・・・・。思考
停止のまま無責任体質だけが、教師や親から子供たちに受け継がれているのではないでしょうか。他人への共感性が今の社会からどんどん失われていく怖さを感じます。結局、いつの世も、人間の尊厳を奪うのは人間。無残です。
Commented at 2006-10-06 17:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 嵐の日にチャングム三昧 ミュージカル初日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧