人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

懐かしのポップス

懐かしのポップス

休日出勤してきた。ちょっと一段落。人気の絶えたオフィスでこの記事を作製。
ちょうど、洋楽ポップス事典という平凡社の新刊本が目にとまった。ぱらぱらとめくると、懐かしい60年代の曲名が並んでいる。

前から気になっていた「さいはての慕情」を見ると――。
1962年の曲で、リックとランスが歌っている。この歌は現在日本での発売権がないので聞くことができないと解説してある。道理で、耳にしたことがなかったはずだ。でも当時ニッポン放送のリクエストで人気を集めた曲と書かれてあった。暗く湿っぽい感じのこの男性デュオが人気を集めたか分からないと、著者のかまち潤はもらしている。

♪忘れた恋はどこへ行くの さいはての岬
失くした恋はどこへ行くの さいはての慕情
というような日本語の歌詞がついていたと記憶する。

さて、この事典を読んでいて60年代の流行ワードを発見した。悲しき、恋の、夢見る、涙の、と本当にスノッブな言葉が並んでいるのだ。読んでいるうちに嬉しくなってくる。

まず、悲しき。悲しきかた想い、悲しきカンガルー、悲しき恋心、悲しき16才、悲しき少年兵、悲しき女学生、悲しき鉄道員、悲しきハート、悲しきパラダイス、悲しきレター、悲しみのエース、悲しみの兵士、悲しみの別れ道、いいじゃない。この安易さ。でも、悲しき少年兵なんていうフレーズは今考えると理解しにくいな。

恋の、の歌。恋のアドバイス、恋の朝焼け、恋の一番列車、恋の片道切符、恋の汽車ポッポ、恋の条件反射、恋のデュエット、恋のバカンス、恋のハプニング、恋のビート、恋のフィーリング、恋のブーガルー、恋のブン・バカ・バン、恋のヘルプ、恋の誘惑、恋のレッスン。
恋の条件反射という言葉に驚いてしまう。

夢みる、の歌。夢みる想い、夢みるギター、夢みるシャンソン人形、夢みる17才、夢みるツィギー、夢みるデイト、夢みるビートルズ、夢みるハワイ。

そして、涙の、だ。
涙のギター、涙のキッス、涙のくちづけ、涙のシャンソン日記、涙の日記、涙の天使、涙のフィーリング。

これらのポップスはラジオ媒体でヒットしたのだ。当時ラジオはぼくらの宝物だった。
そして、洋楽というのはアメリカ一辺倒ではなく、イタリアカンツォーネも惹かれたものだ。私はミーナが歌った「砂に消えた涙」が好きだった。日本語版では弘田三枝子が歌った。ボビー・ソロの「ほおにかかる涙」もサン・レモ音楽祭の入賞曲だった。

やがてビートルズがやって来る。ハードデイナイツを聞いたとき乾いた音がすごく新鮮に響いた。やがて「ミスター・ムーンライト」を耳にしてうっとりし、「オクトパス・ガーデン」でぞっこんになった。私の60年代は終わったのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
懐かしのポップス_c0048132_15521012.jpg
オクトパスガーデンはアビイ・ロードの中にあったんだよな。
by yamato-y | 2006-10-01 15:45 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 週の初めから雨 愛する人の死② >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧