人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

愛する人の死①

愛する人の死①

 5年前、向田邦子の恋文を読み解く番組を制作したことがある。
その当時、彼女の若き日の恋についてはまだ知られていなかったのだ。私たちが最初に発見したことになる。それは、茶封筒に入った遺品から解き明かされた。
彼女が台湾で事故死したとき、最後に居住していたマンションの台所の納戸から茶封筒が発見されてはいた。だが、そこに入っていたものがどういう意味をもつのか、二人の妹たちも関心をもたないまま10年近く保管されていた。その存在を私のチームは掴み、その意味を解き明かしたのだ。そこに入っていたのは、向田から愛人Nへの恋文であり、Nの最期の日記であった。

 向田の愛人Nは10歳以上年の離れた、理由(わけ)ありの人だった。そして二人は中断をはさんで8年におよぶ交際を続けたが、昭和39年ある事情からその人は自ら命を絶った。
 向田に深い心の傷を残したことは言うまでもない。彼女は口外しなかった。いっさいを胸に秘めた。
彼女が有名になる前の出来事だったから、ほとんどの人はこの恋については知らない。まして、自殺した彼を最初に発見したのが向田であったという事情など誰も聞かされてはいまい。

 Nの死は唐突だった。
39年2月18日の夜、就寝前いつもの通りNは日記を付けた。その日使った費用、「新聞¥71,支那まん¥100,『古語辞典』¥380」の記事が残っている。夕方から白いものがちらついていたが、東京は夜になって本格的な雪となった。車の音も春の雪に吸収されてゆく。オリンピックのための道路工事は9時過ぎまで続いたが、やがて止む。この頃、まだ東京も暗かった。大きなビルもなく庇の低い家が並ぶ高円寺の街は春の雪の中に沈んでいた。――
 明けて19日、淡雪となって昼には消えた。邦子がN宅を訪れたのは、夕方だった。
合い鍵を持っていた邦子は戸を開けようと玄関に立ったとき、異様な臭いをかいだ。あわてて入るとNは布団から足をはみ出して寝ていた。近づくと息が絶えていた。
 戸や窓にはテープで目張りがしてあって、ガス栓が開いていた。邦子は片手でガスをはらいのけながら急いで栓を閉め、テープを剥がそうとした。バカ丁寧に張り付けられていて、なかなか剥がれない。気が急いて爪を立てると割れて血がにじんだ。かまわずがりがりやると、手の甲が朱に染まった。窓を開け放ち、雨戸を繰った。
――以上のことを、邦子はさる友人に語っている。この通りだったか、誇張されているか分からないが、Nは急死し、邦子が発見したということは事実である。

それから後のことは、妹の和子が記憶していた。荻窪の自宅に戻ってきたのは、夜11時を回っていた。この日あったことを家族に告げることもできず、青い顔をして二階の自分の部屋に入って行く。父も母も妹の和子も異変を感じ取ったが、聞くのがはばかられた。
 この夜のことは、和子の胸につよく残っている。
「夜中にトイレに行こうかなと思って、ふすまを開けようとしたら姉の姿が目にはいりました。あんな姿って見たことなかったんですよ。何かペターンと座って。畳の上にベッドがあるのですが、畳にペターンと座っていた。」
 整理ダンスの引き出しが開いており、そこに手を入れたまま邦子は放心状態で座りこんでいたのだ。
 「私、今まで姉の泣いている姿って見たことがない。だから本当に驚いちゃって――。
でもね、声をかけるというのは、まだその人に余裕があったり隙があったりするから出来ると、私思うのです。
 あまりにも憔悴しきっているような状態を見てしまって、声をかけるとか、見てはいけないとかということよりも、そっとしておいてあげたいと思うのが精一杯でした。
今思うと、彼が亡くなったときだとおもいます。」

このとき、和子ですらNの存在については知らない。私たちが取材を進めていく中で、昭和39年2月の記憶を確かめていったとき、和子ははたとこの事実を思い出したのである。
向田はこの悲しみから立ち上がるのに、おそらく数年を要したと思われる。
 

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


 

愛する人の死①_c0048132_20301898.jpg

by yamato-y | 2006-09-30 20:26 | Comments(2)
Commented at 2012-12-21 16:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by GFauree at 2021-08-15 12:23
yamato-y様
記事を読んで、心臓を強く掴まれたような感じがしました。
昭和39年2月、私は高校受験の頃です。
あの年は、冬がとても寒かったような気がします。
そんなことがあったんですね。
岩井半次郎
<< 愛する人の死② 北の都に秋たけて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧