人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

北の都に秋たけて

北の都に秋たけて

四高(現金沢大学)寮歌「北の都に秋たけて」をかつてよく歌ったものだ。
♪北の都に秋たけて 我ら二十歳(はたち)の夢数う
男女(おのこ・おみな)の住む国に 二八(にはち)に還る術もなし

この歌を放吟していた1968年、パリで五月革命が起きた。ソルボンヌ大学が閉鎖され、学生たちがカルチェラタンに解放区を作ろうとしたのだ。
解放区――なんと、みずみずしい響きだったことか。
ベトナム戦争が泥沼化していて、アメリカでも反戦運動が高まりを見せ始めていた。バークレーでもシットインが行われていた。
中国では紅衛兵が「造反有理」を叫んでいた。

 日本でも、王子の野戦病院阻止闘争が行われ、ベトナム戦争反対の機運が高まっていた。全国の大学で反体制の狼煙が次ぎ次に上がりつつあった。

古都金沢で私は、胎動する世界のスチューデントパワーをうすうす感じながらも、依然「北の都に秋たけて」を放吟していた。

 今から振り返ると、団塊の世代の学園闘争はプチブル左翼の運動でしかなかったと断罪されるのだが、世界史の大きなうねりの中で我々は活動しているのだという、熱い高揚感がたしかにあったと言い張りたい気がする。

政治の季節が終り、経済成長の時代が来ると、団塊世代は“厚かましく”もその路線にちゃっかり乗った。と批判される。たしかにその面はあったであろう。
だが、それほど無節操に「河」を渡ったわけではない。権力によって追い詰められた運動は「連赤事件」や内ゲバという暗黒面に突入し、それによって急速に内側から瓦解していったのだ。

 話はずれるが、昨夜映画「突入せよ!・あさま山荘事件」を見た。大伴昌司の映画製作にあたり誰に監督を依頼するかという、選定の参考に原田眞人監督作品を見ることとなったのだ。私はその映画を最後まで見ることができなかった。あまりに警察権力が善意で描かれていることに苛立ちを押さえることができなかった。

団塊世代が定年を迎えて「病む」ことがおおいというのは、この分裂した思いからであろうか。ベイトソンの「ダブルバインド(二重拘束)」の理論を想起する。
メッセージとメタメッセージの間に論理的な矛盾が内在すると、人間は行動不能になるという、分裂病を説明した原理だ。反体制を標榜しながら体制の安逸を求めたという分裂が、定年という節目に至って露呈しているのだろうか。

 私自身にかぎって言えば、半年前の厭世気分からやや脱してたとはいえ、まだ眼前に紗幕がかかったような気分が続いている。かつて感じた「生命燃ゆ」という感動がほとんどない。まさに、我ら二十歳の夢数う、である。そして二八に還る術もなしと嘆くしかない。

蛇足ながら二八とは、八と八。つまり十六を意味する。十六歳に還る方法が見当たらないということだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-30 13:21 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 愛する人の死① 夕日連絡網 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧