人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

鷹ひとつ

はせおの愛人

 朝の寒気で身が引き締まる。この厳しさは鷹に通じると思う。加えて、三河では渡りの鷹が現れる10月を尊ぶ。

鷹ひとつ見つけてうれし伊良湖崎

芭蕉の秋の句である。この句は意味深だ。この句を詠んだのは三河の国保美(<ほび>渥美半島南端の渥美町)。そこに弟子の杜国が住んでいた。

杜国――本名坪井庄兵衛。杜国は名古屋御薗町の富裕な米穀商であったが、倉に実物がないのにいかにも有るように見せかけて米を売買する空米売買の詐欺罪(延べ取引きといった)に問われ、貞亨2年8月19日領国追放の身となる。保美の里で流人生活を送ることになる。豪商から罪人へ、すさまじい人生を生きた人だ。

一方、彼は発句をよくし、名古屋の蕉門の有力者でもある。芭蕉は特に目を掛けた門人の一人で、(真偽のほどは疑わしいが師弟間に男色説がある)と言われる。名古屋に於ける「冬の日」で歌仙が巻かれたときに参加している。この頭の“良さ”が同じ尾張の商人たちの嫉妬をかって、空米取引のことを讒言されたのではないだろうか。男の嫉妬は性質が悪い。

 芭蕉と杜国の関係は疑われるというより、あからさまなものであったのではないか。
というのは、罪を咎められて流罪になっている杜国を、芭蕉はわざわざ訪ねているのだ。弟子の越人を連れてとはいえ大胆だ。見つかれば芭蕉とて連座の危険が及ぶこと承知なのだ。

 そして鄙びた漁村にわび住まいする杜国を捜し当てた芭蕉は次のように記し、句を詠む。
杜国が不幸を伊良古崎にたづねて、鷹のこゑを折ふし聞て、
  夢よりも現の鷹ぞ頼母しき

夢にまで見ていた杜国と会えたということを、現(うつつ)の鷹と手放しで喜ぶ芭蕉。翌日杜国の案内で芭蕉らは、伊良湖崎に吟行(ぎんこう)の杖(つえ)をはこんだ。名句「鷹(たか)ひとつ見つけてうれし伊良湖崎」は、このとき詠まれたものである。もはや、鷹は誰を指すかは言わずもがなである。

1688年(貞亨五年)2月、杜国は伊勢に芭蕉を訪ね、ともに旅寝をしたいと吉野の花見への同行を申し入れる。本来ならば罪人は流刑地から離れてはいけないのを、あえてご法度を破って、芭蕉と旅をしたいと杜国は申し出てきたのだ。しかも、旅のあいだ自分は万菊丸と童児名を名乗るという。ますます妖しい。男同士二人の旅に風雅を添えたいという杜国の趣向に、「まことにわらべらしき名のさま、いと興あり」と芭蕉も喜んだ。
高野山では、二人でこんな句を詠み会っている。
ちゝはゝのしきりにこひし雉の声 芭蕉
ちる花にたぶさはづかし奥の院 万菊丸

この旅は二人の心に深く残った、と思われる。その後の杜国の消息ははっきりしないが数年後34歳の若さで死んでいる。何か変だ。死が早すぎる。貧窮で追い詰められたとか病を養ったとか諸説あるが、はたしてそうか。自然死だろうか。何かドラマを感じるのだが。

この悲報を京都嵯峨野の去来の庵で聞いた芭蕉は、大粒の涙を落としたと言われる。
嵐山光三郎の「悪党芭蕉」ではないが、芭蕉(はせお)翁、なかなかの狸ではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-28 15:10 | Comments(0)
<< 見逃していた映画 あかね雲の下で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧