人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

駅頭にて

駅頭にて

7時7分、新潟発特急「朱鷺」に乗った。東京行きの始発新幹線だ。通勤電車のようで、途中の駅からも多数乗り込んできた。新潟平野を一直線で突っ走り、山間に入り、浦佐を過ぎると山霧がたちこめていた。冬が近づいている。

東京駅に着いたのは9時37分。駅は朝のラッシュが残っていた。
降りた5号車の出口の脇に黒い群れがあった。そこだけ町の光景と合っていない。階段に向かって歩いてゆくと、彼らのそばを通る。近づくと、彼ら4人が皆つながっていた。腕に光るものがはまっている。

はっとした。ドラマでは見たことがあるが、現実の護送される風景というのは初めて見た。
 先頭の大きな男は傲然と天井を見ている。凶暴なものを目に宿していた。後尾の小太りの男はおどおどしていた。恥ずかしさで消え入りそうな風情だ。泳いだ視線が私に向けられた。一瞬目が合った。

 全員、年のころは30前後か。髪は短く黒いシャツか白い上着を着けている。いかにも暴力団風のスタイルだ。

 罪を犯した者ということは知ったうえで、なぜか彼らが哀れに見えた。囚われることの屈辱、自由を奪われた悲しみ。傲慢な男にも気の弱そうな男にも励ましてやりたくなった。どんな経歴を重ねてここに至ったかは分からないが、その罪はすべて彼らの責任であるのだろうか。止むに止まれぬ事情でここまで来たのではないか。私は勝手に彼らの境遇を思いやっていた。
なぜか、そのとき私は永山則夫のことを考えていた。私の目は父親のそれになっていた。

車中で、カズオ・イシグロの『私を離さないで』を夢中で読んでいたからだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-25 10:59 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 顔 新潟にて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧