人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ガッツのあるフリーター

萬治

永倉萬治の『これでおしまい』を読んだ。彼の最後の短編集だと、あとがきで妻の有子が書いている。

彼が死んだのは2000年。52歳で死んだのだ。あんなに、あの頃軽快に書いていて、話題を振り撒いていた萬治も今ではほとんど忘れられたようになっている。

彼と私は同年生まれだ。おまけに脳出血を発症したところまで同じだ。彼は1989年、41歳で倒れ90年に復帰した。右半身麻痺に加え作家にとって致命的な失語症となるも懸命にリハビリを続けて執筆活動を再開できるところまで快復させたのだ。

 他人事のように見ていた私も、1995年、47歳のとき脳出血で死にかけると、萬治
の生き方やリハビリの仕方が気になるようになった。それまで読まなかった彼の小説やエッセーも広く読むようになる。

 彼は立教大学を中退して、東京キッドブラザースに参加した。そして「黄金バット」などを海外公演までぶち上げた挙句、キッド解散後放送作家となって、文才を磨いていった。
といってもすぐにその道にはいったのでなく、ちり紙交換のバイトや飲み屋の親父などを転々としながら、自分の道を切り開いていったのだ。そういう彼の体験を経ながら、描く世界は都会的なセンチメンタルだった。スマートで格好いいものだった。

『これでおしまい』の中の「セロリ」という短編に出てくる主人公は2浪までしたが大学をあきらめたフリーター。友人の淺川は2年で中退してやっぱりフリーターなのだ。
 だが今どきの引きこもり気味の若者と違ってガッツがあるのだ。淺川がつぶやく。「俺さ、本当に、働きたくないんだ。気にいらねえ奴のいうこと聞いてさ、へーこらしてさ。ガソリンスタンドなんて、燃えちまえばいいんだ。パーッとさ。火、つけたら気持ちいいだろうな。あああ、うんざりだよ。どこかさ、仕事なんかしねえで、楽しく暮らせる島かなんかねえかな」

 このセリフに私は共感してしまう。
永倉の作品に出てくる主人公たちというのは、多少辛いことがあってもクヨクヨするのだが、最後は「ま、いいか」と納得してしまうような能天気なものが多い。妻有子によればまさに萬治の分身だそうだ。

 萬治の最期がよかった。
健康を快復した彼は、合気道をやって体を鍛えるようになった。元々、立教時代レスリングをやっていたというだけにガタイも大きく強かった人だ。執筆も順調で原稿依頼も増えていた。人気作家になっていた。ある雑誌で健康の秘訣の特集が編まれ、彼はその取材に応じた。道場でそのパフォーマンスを見せている最中、脳幹出血で倒れたのだ。

彼が2000年10月に死んだとき、私はまさかと思った。だってリハビリは順調だしまだ52歳だしと。でも、死んだ経緯を聞いて、おもわず笑った。いかにも萬治らしいと思った。

 萬治は最初万治と名乗っていたが、98年ごろに改名したそうだ。どうしてだ。万治のほうが格好いいのに。
 伊丹万作は萬作と書かれると怒ったそうだ。そのことを、永倉に教えてやりたかったな。


 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-23 10:14 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by 「万治くらぶ」編集士 at 2007-02-10 22:21 x
ガンバレ、ご同輩!
余命人生20年は、黄金の20年だそうだ。
この世に生を受けて、二十歳までに多くの体験・出来事に出会った。
20年は長いぞ。
これからどんな素晴らしいことにめぐり合えるか、とても愉しみだ。
あの世で永倉に出会ったとき、笑われないようにお互いに常に前を向いていきましょう。
<< 上越新幹線 小さな命に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧