人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

新しい才能

新しい才能

 衛星放送の映画担当渡辺支配人とは気があう、仲がいい。
なんといっても、局きっての映画通。古い映画も新しい映画もよく見ているし、鑑賞眼も相当なものだ。

彼はサンダンス映画祭の日本での選者でもある。今年の状況を聞いたところ、レベルは高いとのこと。
こんな才能も出現してきました、と言って見せてくれたのが、「ハリヨの夏」だ。脚本、監督の中村真夕はまだ32歳だ。
だが、その経歴は華々しい。高校時代からロンドンへ行き、ロンドン大学で学んだのち。アメリカに渡る。そこでコロンビア大学で学んだのち、映画作劇術をニューヨーク大で覚えたという女性だ。こういうインターナショナルな人物が、新しく登場してきたのだ。

映画は98分。京都に住む高校生の女の子サヨコ。ひと夏の体験とでもいうべきか。話は分かりやすいのだが、少女の揺れる気持ちがうまく表されている。

団塊世代の夫婦、柄本明と風吹ジュンの長女が主人公。父と母はもう別居している。若い頃、詩を書いていた父も母を裏切って今では別居していて、サヨコはときどき父と会う。その父からハリヨという小魚をもらいサヨコは水槽で飼っている。母はライブハウスで歌を歌いながら飲食店を営んでいる。客にアメリカ人キャメロン・スティールがいる。

 サヨコにはボーイフレンドがいるが何となくもどかしい関係がつづく。そういうなかで、父には新しい妻が出現し母はキャメロンと親しくなるにつれ、サヨコは苛立つ。
キャメロンはベトナム戦争に従軍して負傷して、足が不自由となっている。その彼が母のボーフレンドとしてサヨコのことを心配してくれるうちに、二人の間が微妙に近づいてゆく。というよりサヨコが無軌道にキャメロンにぶつかってゆく。そして二人は結ばれ、あろうことかサヨコは男の子を身籠る。サヨコは高校を退学する。

 若い母となり、子育てがうまくできない。母のサポートで辛うじて成り立っている。ある日、サヨコは赤ん坊を抱いて、キャメロンが勤める大学へ行く。彼と会って3人で暮らしたいと話しをすると、それはできないと否定される。

 絶望したサヨコは早朝赤ん坊を抱いて賀茂川に足を入れるのであった・・・・・。

取り立ててストーリーに目新しいものがあるわけではない。主人公も華やかさがあるわけではない。人物像もやや月並みだ。が、話の運びが実になめらかで、次第に少女の揺れる気持ちが見えてくるのだ。
むろんワキを固めている柄本や風吹の力も相当ある。手持ちカメラの撮影は危ういような達者なような不思議な画の撮り方だ。

総じて荒削りだが、中村の才能は十分感じられる。こういう力がいつのまにか日本にも生まれてきたのだと感心した。

渡辺支配人によると、今年の日本映画はけっこうレベルが高いそうだ。毎年行われるキネ旬のベストテンに「嫌われ松子の一生」や「紙屋悦子の青春」は入るだろうねと、うれしそうに評価していた。単館で上映される作品をしっかりチェックしておかなくてはなるまい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-22 08:26 | Comments(0)
<< 小さな命に 向田邦子の作詞 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧