人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

向田邦子の作詞

愛のライフル

 久しぶりに自分の部屋を整理していたら、古い取材ノートが出てきた。
向田邦子さんの秘めた恋を調べたノートだ。その中に、彼女が作詞した歌詞カードがある。

向田が作詞していたことはあまり知られていないが、テレビドラマの主題歌など7曲ある。今朝、見たのは「愛のライフル」。

 誰かが二人をライフルで狙った

 二人の胸から
 赤い血が流れる
 足はよろめく
 目はみえない
 ああ もうだめ・・・助けて

 それから 私は女になった
 それから 私は男になった

 二人は立っている
  恋の恋の 死刑台
 運命のきずなに
 かたく かたく しばられて
 しあわせな バラ色の恋のめかくし
 古い手紙と アルバムを
 恋のお墓に うずめよう
 友だちは 黒いドレスで
 告別式に やってくる
 さよなら さよなら
 思い出よ さようなら
 二人は立っている
 恋の恋の 死刑台

 運命のきずなに
 かたくかたく しばられて
 しあわせな バラ色の恋の目かくし
 二人は立ってる
  恋の恋の 死刑台

なんとも風変わりな恋の歌だ。およそ「恋の死刑台」などという不吉な言葉使いは普通しないものを、向田は大胆に使いこんでいる。たしか、この歌は昭和52,3年ごろ放映されたドラマ「桃から生まれた桃太郎」の主題歌で、もちろん向田の過去などまったく知られていない頃に作詞されたものだ。誰もこの歌に隠されたものがあるとは、当時気づいていない。

だが、私が向田の秘めた恋を知ってからこの歌がやけに気になり、テイクノートしておいたのだ。
 この歌は若い頃に失った向田の恋人を無意識に描いていると私は思う。詳細は書けないが、向田の恋は禁じられた事情がある。だからたとえバラ色の思い出があろうとも二人は処刑されねばならなかったのだ。それから二人は、女になり男になったのだ。

そもそも、直木賞を受賞する作品となった『思い出トランプ』という連作小説には、濃厚に亡き恋人の面影があるではないか。受賞後、向田はこんなことをインタビューで答えている。「私のプロデュースで、レコードを作りたいのよ。LPよ、タイトルは『思い出トランプ』にする」
このレコードは、作詞向田邦子、補作阿木耀子、作曲宇崎竜童で作られる予定であったが、不慮の事故で企画は幻となった。
いつか、この歌の意味を解く旅に出たい。北国へ――。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-21 08:29 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 新しい才能 「春のワルツ」記者発表 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧