人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

イチローの言動

イチローの言動

WBCの対韓国戦で、日本が敗退したとき、イチローが「ぼくの野球人生で最も屈辱的な日です」と語った言葉を作家の星野智幸が批判していて、斎藤貴男もそれに共鳴している。

屈辱というのは相手から辱めを受けたという「敵意」がそこにあるということであって、イチローがある意味で韓国を蔑視しているのではないかというのだ。

星野はおまけにイチローは小泉首相に似ていて、《感情剥き出しで仮想的を作り、勝てば自画自賛。相手の気持ちをまるで慮らないデリカシーの欠如までそっくりだ》とまで書く。

 そうかなあ。イチローの言い分はたしかに言いすぎのきらいはあるが、根底に韓国蔑視があるとは思えない。単に、「国民」として他所の「国民」に負けたという口惜しさ、日本のほうが先にプロ野球を開始したという先陣意識などが重なって、あの言動になったと思うのだが。

 普段会見などしないイチローが口を開くと、意見はやや過激となる。松井であればこういう表現はしないだろう。年は松井のほうが下だが彼は実に成熟している。イチローは自分の語り口は誤解をまねきやすいと知っているから、日頃のインタビューには応じないのだと思う。

 イチローは風格もマナーも古武士然としているので、ナショナリズムの匂いがしそうな気がするが、そうではないのではないか。素顔は気のいいアンちゃんだと私は思う。思いたい。

日本の球界にどれほどたくさんの朝鮮半島出身の選手がいて、その輝かしい栄光を築いてきたことか。それはイチローもよく知っているはずだ。

姜尚中さんの高校時代を訊ねた番組で、熊本の母校へロケしたことがある。雨の日だったが、後輩を相手に姜さんは久しぶりにキャッチボールをした。彼は野球部にいたことがある。そのとき、彼は張本勲さんのような選手になりたいと少年の頃思っていましたと、恥ずかしそうに語った。

 斎藤貴男は今の格差社会を真っ向から批判していることに、私は好感をもっているが、ときどき逸脱する。そこが人間的で良いといえば良いのだが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-19 17:31 | Comments(0)
<< 光溢れる日に うれしいこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧