人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夢遊病者のように

夢遊病者のように
夢遊病者のように_c0048132_13254010.jpg


 「福井新聞」を読んでいたら、俳優の奥田瑛二さんがモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞したとして、「ひと」欄で取り上げていた。監督した「長い散歩」が授賞作品だ。

 映画の要約によると、定年をむかえた元校長が虐待されていた少女を連れ出して旅に出るとある。その校長は現役時代仕事に追われて家庭をかえりみなかった。そのことで自責の念を抱いている。二人の旅にさまざまなことが起きる。でもこれは旅ではなく、「長い散歩」と奥田さんはしているところに仕掛けがありそうだ。なんとなく、ストーリーの方向が見える。おもしろそうだ。主演は名優緒方拳。

 奥田さんはこれまでに何本か監督はしているから素人ではない。だが、シナリオを書いたのはこれが初めてだった。「今回の受賞でやっと映画監督として認知してもらえる」と喜ぶ奥田さんの声も理解できる。

 このところ日本映画は盛んで本数だけは増えている。おそらくDVD販売などで収益が確保できるというビジネスモデルが確立できたのであろう。隆盛は結構なことだが、作品の質がかならずしもいいとはいえない。むしろ、アニメやホラーなど「売れる」作品ばかり増えている。独立プロダクションの作品はなかなか劇場にかからない。そんななかでの「長い散歩」が受賞したのである。

受賞は快挙といっていいだろう。映画作りの「もう一つの道」を示してくれた。
その喜びの声が、「ひと」欄の冒頭に紹介されている。
《授賞式で『ナガーイサンポ』と呼ばれ、夢遊病者のようにステージに上がって、その後のことは覚えていない。》

あの日のことを思い出した。1995年秋のニューヨーク、ヒルトンホテルでのことだ。病み上がりの私は何も期待しないまま会場にタキシード姿で座っていた。

司会がグランプリを発表した。「ケンザブロー・オオエ 30イヤーズ トウ ファザーズフッド」そばにいたアメリカ支局の同僚が「呼ばれたよ」と私を腕で突っついた。国際エミー賞のアートドキュメンタリーで選ばれたのだ。それから後の記憶がさだかでない。

まるで、「夢遊病者のように」歩いた。司会のピーター・ユスチノフが「コングラチュレーション」と声をかけてくれたのを辛うじて記憶する。足がふわふわと浮き上がっていた。英語でスピーチをした感触はかすかにあるが、どう発音発語したか覚えていない。最後に「Rejoice!(リジョイス)」と声を張り上げたことだけを体が覚えている。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

夢遊病者のように_c0048132_13264823.jpg

by yamato-y | 2006-09-18 13:19 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 石が浮き葉っぱが沈む 嵐の夜に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧