人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

いざ、京都へ

いざ、京都へ

雨がまだ降っている。秋雨前線が居座っている。金曜日に亡くなったYさんの通夜には出席できなかった。本日が葬儀だ。香典を同僚に託す。いささか早い死であったから、今日の雨も涙雨か。

今日から、京都で映像メディア論の講義を4日にわたって行う。秋の集中講義だ。
春の講義は、毎月最終週に2日ずつ演習を重ねるに対して、秋は座講が中心だ。
昨年は、映像は戦争をどう描いてきたかと言う主題をめぐって考察した。今年はもっとゆるやかに、映像とはどんな表現を得意とするかを、事例を挙げて考えてゆくスタイルにしようかなと構想している。あ、そうだ。8月に発売した『ドキュメンタリーを作る』を、学生たちに宣伝しておこうっと。

 劇映画の映像について一言。
「サウンドオブミュージック」の冒頭のシーン。アルプスの山を越えて、広い牧場で歌うジュリー・アンドリュース。これは見事な空撮だ。おそらくヘリコではなくセスナで撮影したと思われるが、雄大で華やかでオープニングを彩る、秀逸なカットで、私も好きだ。

先年、放映された「グラジエーター」。ラッセル・クロー主演のローマ帝国戦士の数奇な運命を描いた作品で、いくつかの賞を得たものがある。私はこの映画が好きではない。
映像がコンピュータグラフィックス(CG)で作られすぎていて、物語に没入する以前にリアリティでしらけてしまうのだ。「ベンハー」などは特撮で行われていたが、近年はすべてCGで処理される。この処理の仕方に違和を感じてしまうのだ。

「グラジエーター」でもっとも気になるカット。
ローマのコロッセウムで主人公がライオンと戦う場面だ。このライオンとの戦いがCGでつながれていることに落胆したわけではない。この競技場を説明するカットが許せないのだ。
コロッセオをまず正面から撮る。その次だ。コロッセオの空中高いところにカメラの目があって、コロッセオをゆっくり横切ってゆくのだ。たしかに建物の大きさ構造が分かるカットだ。説明するには最適かもしれない。だが、これでは物語の設定においてリアリティをなくす。このカットはあきらかに空撮の映像だ。ヘリコでコロッセオを横切ってゆくカットだ。
ローマ時代にヘリコがあって、そんな視点で物語が物語られていたか。それはない。
だから、しらけるのだ。

では、先の「サウンドオブミュージック」はどうか。同時代としては空撮があった。リーフェンシュタールの「意志の勝利」ではオープニングからえんえんとアルプスの空撮だ。だから時代認識においてずれはない。だが、それだけで「サウンド」のカメラアイを許容するわけではない。
「サウンド」のカメラアイは主人公を空の高みからズズーっと近寄って、主人公を見つめる、神様の視点になっていて、それは観客としても同意できるのだ。「グラジエーター」は明らかにローマ時代にヘリコが飛んで撮影しましたといわんばかりの、アナクロ映像なのだ。

空撮だからいけないというのではない。ドラマは虚構なのだから、そんな野暮はいわない。「グラジエーター」は明らかに映像として説明的でだれた映像なのだ。カットに勢い、輝きがない。

同じ空撮でも、「魔女の宅急便」の高層ビルの屋上をさらに上空から見るカットは、アニメだが高いリアリティを感じるのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-13 08:00 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 返事をするのが苦手で 心を亡くすと書いて忙 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧