人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

うそつきも一生懸命

うそつきも一生懸命


今日、町長にあった。以前、私が口走ったフィルムコミッション(FC)について話しを聞きたいということで、近所に住むHさんといっしょに会った。

 町長は政治家らしからぬ穏やかな風貌で、どちらのご出身でと聞くと関西と答える。
この大磯に住んで30年経つともらしていた。私のように他所者ではあるが、この風光が気に入り、それを守ろうと町政に出馬した人だ。

 私は、ツヴァイクの道などを例にあげて、この町の宝をもっと大事にするべきと話した。
FCは現在全国で盛んになっている。非営利の自治体が中心となって映画やテレビの撮影に協力する機構だ。これは地域の文化活動と結びつく。

FCで気をつけねばならないことは、ロケーションが金を落すわけではないということだ。映画のスタッフが大挙しておしかけて来れば、経済効果も相当なものだろうと期待するのは見当違いですよ、と私ははっきり言った。
 ハリウッド映画のような巨額の映画製作ならともかく、日本の映画は予算がぎりぎりでやっていることが多い。お金を落すどころか、協力してくれと頼まれかねないのが実情だろう。FCの効果はもっと深いところにあるのだ。

 このロケされた映画をきっかけに町のイメージが作られたり、町の共同体のまとまりがついたりすることが、波及効果としてある。目先の利益ではやっていけないと、私は説明した。

興味深そうに聞いていた町長は、「そういえば、今度町が購入した修道院跡は、ロケなどに最適かもしれませんね」とつぶやいた。
大磯の人里離れた山中に、明治以来の女子修道院があるのだが、先年閉じられた。それを町が建物ごと購入したのだという。

 この会見の後、私はHさんと修道院の山を見に行った。東大磯の山間地にあった。
大通りから、2本ほど山際に入ったところの林道を、車で10分も行けば、深い谷間に入る。そこから左斜面を上がると、跡地があった。とても東海道のほとりにあるとは思えない地形だ。夜などは明かりがまったくなく漆黒の闇となるだろう。さすがに修道院があった場所だ。

テネシー・ウィリアムズの「欲望という名の電車」を思い起こした。ニューオ―リンズの町には欲望街という街路があり、その道ばたには欲望という名の路面電車が走っている。それに乗ってずんずん行くと、精神病のサナトリウムに運ばれる…。

はたまた、村上春樹の「ノルウェイの森」。京都の山深い地をたずねて行くと、ひっそり建つ精神病院。

夏の名残りがある緑野に立ち、私は映画の1シーンを思い浮かべる。ありもしない、ウソの映画を。

帰宅して、柳田国男の「不幸なる芸術」を読んでいたら、『猿蓑』の1句が紹介されていて、それが心に留まった。
うそつきに自慢いわせて遊ぶらん   野水
娯楽などなかった昔の人らは、知れきったウソ話を一生懸命して、楽しんだと、解説してある。今日、見てきた山間の光景を、私は独りで自分に一生懸命ウソをつく。フィクションの喜び。
 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-10 20:46 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 野ざらしを心に 残暑きびしく >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧