人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

表現と説明の間

表現と説明の間

純文学と大衆文学の差って、いったい何であろう。よく引き合いに出されるのが「風とともに去りぬ」が大衆文学で、「嵐が丘」は純文学だと規定されるが、その根拠とは何か。両者はそれほど文字表現として大きく変わるところがあるわけではなく、内容もよく似た愛の物語なのに、そこには格差がある、と見られている。

日本でこの差異は、文学賞で表される。芥川賞と直木賞だ。純文学は芥川賞で、大衆文学は直木賞という分類だ。このそれぞれの賞に該当するのが、その作品の位置を決める。だが、そこにはいわゆるそうと思えないケースもある。

日本文学を代表する一人の井伏鱒二は直木賞を受賞したし、超売れっ子作家松本清張は芥川賞を受賞した。二人の作家業績を比べると、受賞した賞とは反対側であったと思えてならない。つまり彼らが刻んだ作品は受賞した賞とは真逆の側にあったのではないだろうか。このように、純文学、大衆文学の区別というのは難しい。それとも、その棲み分け、ジャンル意識というのはそもそも成り立たないのであろうか。

話は飛躍するが、ドキュメンタリーの場合テレビと映画の関係もよく似た点がある。
テレビドキュメンタリーは通俗的で、映画のそれより下位にあると見られている。
テレビドキュメンタリーは説明的で理解不能の箇所とはほとんどない。だが映画ドキュメンタリーはそうではない。観客が分ろうと分るまいと関係なく、自分の表現として確保したいものは、製作者はカットであれシーンであれ作品に導入する。この制作の純粋さをもって、映画ドキュメンタリーはテレビのそれよりも優れていると考えている御仁は少なくない。テレビの側でも映画には敵わないと、作品の“純文学化”をほめたたえる。

はたしてそうであろうか。映画ドキュメンタリーの独りよがりな作品を見たとき、少し揶揄したくなる。いい気なもんだな、俺の精神が分からないなら分らないでいいと、制作者は開き直って自分を甘やかせてしまっていると。

 とにかく、テレビは観客、視聴者を過剰に意識する。作者が表現したいと思っても観客がわからないのであれば、作品としては失格と看做される。観客が理解できるように作るべきだ、というのがテレビの作法流儀である。だから、とことん映像が説明的になる。説明になれば、表現としての勢いが急激に減少もする。

純文学と大衆文学の差異と、映画とテレビの差というふうに同類としてくくるつもりはないが、よく似た位相だと、小谷野敦の著書を読んでいて思うのであった。

再び、話は飛躍するが大江健三郎さんのことを思う。大江さんのエッセーの文章は明晰で論理的だ。だが、小説言語になった途端分らなさのほうが優位に立ってくる。おそらく、説明的でつるつるした文章を意識的に大江さんは排除しているのであろう。むしろ分りにくさを心がけているのかもしれない。魂の真ん中にドスンと落すのは、頭で分ることではないのだろう。

テレビはなかなかそういうわけにはいかない。意味が曖昧であったり、理由のつかない映像は即座に修正を求められるのだ。この意味でテレビには作家性というのはほど遠いのだ。
作家性がないということが、テレビ大衆文学論の結論になるのだろうか。

いや、そうではあるまい。まだ、他に要素があると推測される。例えば、テレビ番組の非対価性ということもあろう。つまり金を払って番組を見ていないということ。そのほかの要素もあって、テレビは作品として評価に値しないと見られているのではないだろうか。

ところが、ここ数日、事情があってテレビの作品を100あまり見た。45分とか60分のサイズで内容も理解しやすいスタイルだが、心にズシンと響く作品が2つや3つでなかったのだ。この意味を、これからももう少し考えてゆきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-09 20:44 | テレビって何だろう | Comments(2)
Commented by unoki-jeff at 2006-09-10 08:12
Commented by unoki-jeff at 2006-09-10 08:13
プロデューサーの視点から見ると確かに分かりやすいものイコール低い、大衆性あり。わかりにくいものイコール高い?芸術性あり?などというレッテルが貼られますよね。
でも客の立場から見るとおもしろいかつまんないかで感じるのでもうそのレッテルの効果はあまり無いみたいです。
気にするのは制作者の方でしかもどちらかというとお年をめした方が多いかと・・・”純”を求めて作ってるわけではないですよね?
作品からにじみでてくるものをどう感じるかのほうが100倍大切とわたしは思います。
良い例としては「竹林童子」は純文学にも大衆文学にもどちらでもなりうる高いくて深いものだと思いますが、きっと制作者たちは純や大衆を意識して作ったわけではないと思います。
単に気持ちいいもの、良いものをつくろうとした結果かと・・・・
<< 残暑きびしく 児童虐待 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧