人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

児童虐待

児童虐待

8月8日に放送された「日本の現場」が心に残った。埼玉の児童相談所の実態を描いたドキュメンタリーだ。

4年前、埼玉が全国で児童虐待がもっとも多いという報告が出たとき、48時間以内に子供を保護しようという取り決めが出来た。そのため、この活動に関わる所員たちは猛烈に多忙となった。その姿をカメラは追っている。

あからさまな虐待の場合であれば保護措置をとることに迷いはないが、そうでない場合が難しいしまた多い。育児ノイローゼであったりしつけと称して虐待が起きているときだ。

十代の女子が突然来訪してきた。幼い頃から親に虐待されてきた。学校へもあまりやってもらえず家事の手伝いをさせられてきた。高校へは進学させてもらえなかった。今日は家に帰るのが遅れたので帰ったらなぐられるかもしれない、だから家に帰りたくないと訴えるのだ。
親を呼んで事情を聴取する。その女子は幼い頃からウソをつき、怠けることが多かったので厳しくしつけたのであって虐待などしたことはないと、その母は証言する。学校へ行くことを止めて就職させたというのは事実ではないというのだ。高校へ行きたいという女子の話を聞いて、母は驚いていた。外出禁止などしてはいない。

もちろん、この証言をカメラが撮影しているわけではない。すべて聞き取った相談所所員の報告で表現されている。顔にモザイクをかけてインタビューする“下品”な手法を使ってはいない。(モザイクをかけることが悪いというのではない)
番組のディレクターの所員に対する問いかけが適切かつ明確なので、伝聞事実だが状況が仔細に浮かび上がってくる。そこに浮き上がってくる、親と子の言葉のくいちがい、心のすれちがい。

さて、このケースではどちらが真実なのか。相談所の須藤氏にどう思うかと聞く。彼は正直に「分らない。本当に分らない」とつぶやく。だが、その夜女の子は保護された。それについて須藤氏はこう語る。
「子供が帰りたくないと言ったら帰せない。状況がこれほど不明なのに子供が帰りたくないと言うのであれば、帰すわけにはいかない。」こう語る須藤氏の横顔は苦しそうであった。
今、保護施設は満杯で、案件が目白押しで並んでいるのだ。

この番組でたしかに分ったのは、幼児を虐待する母というのは必ずしも鬼畜の母ではないということだ。育児に疲れて世間から孤立しているのだ。子供がむずがると、あんたの育て方が悪いと責められて行き場をなくして、子供に怒りのエネルギーが向いて行く。
このドキュメンタリーの副題は「48時間の約束」。これは、4年前に通報を受けてから48時間以内に子供を目で見て確認するという取り決めを、相談所が決定したことを指す。なぜ48時間なのかベテランの指導員が語った言葉が心に残る。
「どんな厳しい状況にあっても48時間は生き延びてくれ、という子供との約束なんだよ」

 須藤氏が最後のインタビューにこう答える。「虐待とは大人の苛立ちだろう。この辛い閉塞状況のなかで、大人が弱い子供にぶつかってゆくのだ。象徴している、今の日本を。
この状況は、一人一人の親の問題というものでなく、日本全体の責任だ。」
現場の声として重く響く。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-09 11:55 | Comments(0)
<< 表現と説明の間 若大将シリーズ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧