人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

とおい昔の記憶

とおい昔の記憶

こんな面白い番組は久しぶりだ。90分間断するところがなかった。
8月8日にハイビジョンで放送された「あの夏~60年目の恋文」だ。実話をもとに作られているからドラマではない。だが、ドラマのような思いがけない話の連続だ。

昭和19年の夏、戦局が悪化するなか、奈良の国民学校4年生の男子が教育実習でやってきた教生先生に憧れた。その年はさまざまなことがあった。やがて先生は去り、少年の心からも消えて行った。それから60年経った。

2003年8月、少年岩佐は70歳の老人となりテレビを見ていた。79年に制作されたアーカイブス番組だ。その中のある場面で彼は画面に釘付けになる。画面に映ったのは、少年の頃憧れた、あの雪山先生だった。今は東京で暮らす岩佐は、思い余って雪山先生に手紙を書いた。それがきっかけとなって始まった往復書簡。その顛末が描かれた番組である。
「突然の手紙を差し上げるご無礼をお許しください。・・・あの昭和19年夏、ご本人の計りしれぬところで、あれほどまでに恋い焦がれていた少年がいたことを、素直に受け止めていただきたいと思うのです。」
この文通が始まったとき、女は姫路に住み、80歳。男は70歳の翁となっていた。

 文通はさまざまな記憶を呼び覚ましてゆく。二人の手元に残されていた集合写真――34人の男子生徒と先生が映っている。
さらに、そのとき雪山先生がつけていた教生日記も発見される。そこには恋い焦がれていた岩佐ですら忘却していた、少年の日の甘美な思い出がしっかり記録されていたのだ。
(このあたりが、まるでドラマとしか思えない)
先生に少年は負ぶわれて帰っていた。そのことを少年は忘れていた!

この番組は、雪山先生の孫で現在教生に追われている有希の眼を通して描かれる。その彼女が祖母を見てこう語る。
「突然、祖母の中で、映写機が回り始めた」

人生の最終盤を迎えて尚、もう一度人生を生き直す人々の美しさ。
旧制雪山こと川口汐子、80。映像作家岩佐寿弥、70。

まもなく、この90分の番組が編集されて、総合テレビで放送される予定だ。ぜひ、見逃すことないでほしい。できれば、ハイビジョンで放送された90分版も地上波で放送されるといいのだが。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-07 18:23 | 魂のこと | Comments(0)
<< 虫にさされて化膿した  ハッピーでないのに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧