人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大伴昌司の口癖

大伴昌司の口癖

彼は株式投資をかなり熱心にやっていた、と思われる。
実家の敷地に4軒長屋の高級アパートを20代の若さで自分の資金で建てる。その資金は株で儲けたのである。
だから、暇があればトランジスタラジオから流れる株式情報に耳を傾けていた。

こういう算盤高い彼の性癖を、SF作家たちは大伴家持(いえもち)とあだなをつけてからかったそうだ。

昨日、少年マガジンの巻頭図解班の4人に集まっていただいて、当時の大伴の仕事ぶりを5時間にわたって聞いた。面白い話が山ほど出てきたので、いずれ稿を改めて書くことにするが、その中の忘れられないエピソードを一つ書いておく。

編集するときの大伴の口癖は何ですかという問いに。
「アイディアをひねり出すとき、大伴さんは『人の行く裏に道あり花の山』とよく口にしていましたよ。これって株屋さんの中で使われることわざだそうです。」と小島香さんが懐かしそうに話してくれた。
これは正確には「人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け」という千利休の言葉だが、今では株屋さんの世界で金言として前半部分が使われている。

株式について私は詳しくないのだが、投資のコツの一つとして人のやらないことをやると「儲け口」があるものだという意味であろう。大伴も株の商いを覚えるなかで、こういう地口を覚えていったにちがいない。
しかも、この“ことわざ”は株だけでなく、図解の企画を考案する際にも役立ったのだ。

少年マガジンの誌上で彼が手がけた図解はおよそ300。それが関わったジャンルの幅は驚異的だ。「情報社会」「大空港」「疎開」「劇画入門」「トイレット入門」「深夜放送」「CM」等など、まさに何でも在りだ。
この豊富なアイディアを支えた精神は、「「人の行く裏に道あり花の山」であった。誰も見向きもしないこと、どんなことでもテーマになる、ならないものはないと大伴は確信をもっていた。その信念はともに働いた若い編集者、田中利雄、高橋忠義、小島香、金沢忠博、に深い影響を与えていくのである。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-05 17:54 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 本当に幸せかい 秋暑し >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧