人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

去りゆく夏に贈る歌

マイ・フェバリット・ソング
「高原のお嬢さん・星が降るまで、」


 夏が逝く。年をとると、暑い夏が去ってほっとするというのが正直なところだが、若い頃は違った。めくるめくひと夏が終わるとさみしい想いが残ったものだ。夏の終わりは高原がふさわしい。歌謡曲の格好の舞台であった。舟木一夫が昭和40年に歌った「高原のお嬢さん」がそのイメージを作り上げた。

夏が終わって避暑地から帰ってゆくお嬢さんに向けて惜別の言葉をかけたいと願った若者。だが、それを出来ずに若者は第三者に思いを打ち明けている。それにしても、リーフというルフランは不思議な効果をあげていた。

♪リーフ リーフ 君に僕の恋を語ろう
あの人に逢いたい たまらなく逢いたい 高原に夏は過ぎて 白樺も揺れている
夏がゆけば 恋も終わると あの人はいつも言ってた リーフ リーフ 君に僕の恋を語ろう
♪リーフ リーフ 君に僕の恋を語ろう
あの人に逢いたい、堪らなく逢いたい 高原に風は渡り、白樺は揺れていた せめて1度、 逢って聞きたい、あの夏の恋は嘘かと リーフ、リーフ 東京の秋は淋しい・・.

大学2年の夏だった。妙高高原へキャンプに行ったことがある。高校生の男女を引率する立場だったが、年は2つか3つしか変わらない。ミッションスクールの女の子には私はアマちゃんのリーダーに見えただろう。野尻湖のバンガローに分宿した。朝は読書の感想会を主宰し夜はキャンプファイアで楽しんだ。
湖畔のキャンプに霧が流れていた。ヴィレッジ・シンガーズの「星が降るまで」という曲が当時流行っていた。

♪砂に残した 小さな足あと
君がたたずむ北国の浜辺
夏が過ぎたら
もう一度会おうね
約束したのに
どうして泣くの

♪星が降るまで 語りあかしたね
霧が流れる北国の浜辺
夏が過ぎたら
もう一度会おうね
約束したのに
どうして泣くの

 午後の自由行動のとき、グループで湖畔まで行くと、モーターボートが繋留されていた。二人の女子高生がどうしても乗って中ノ島へ行ってみたいと駄々をこねた。チャーター料もバカにならないし、安全という面からもムリだと私は言った。すると、二人はあからさまに軽侮する表情をした。「つまらないなあ。せっかく信州まで来て何も楽しみがないなんて」

かちんときた。「よし、乗ろう」思わず叫んだ。
四人で乗り込むと、ボートは全速力で湖面を滑った。女子たちは歓声をあげ、それから私に礼を言った。「先生ありがと。夏のいい思い出ができたわ」
私はちっとも楽しくなかった。何か割りきれない思いが残った。
2日後、山を下りて金沢へ帰ることになった。高原列車は日本海に向って下る。白樺林越しに見える妙高山は黄葉が始まっていた。

 こういうセンチメンタルな歌謡曲を、久世光彦さんはけっこう好きだった。いつか、「高原のお嬢さん」を私が好きだというと、「なら、美空ひばりのさくらの歌も好きになるよ」とダンディなくせに歯の抜けたままにしている顔で笑っていた。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-03 19:59 | マイ・フェボリット・ソング | Comments(0)
<< 映像は2次的、か バルタン星人のひみつ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧