人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

バルタン星人のひみつ

陰設定―想像、空想、妄想
バルタン星人のひみつ_c0048132_11541539.jpg
バルタン星人のひみつ_c0048132_11543316.jpg


大伴昌司問題は精緻な議論が必要だということは知ったうえで、あえて大雑把に問題提起をしてみたいと思う。仮説を立ててみたい。
オタクの元祖、怪獣博士と呼ばれる大伴の果たした業績のひとつに、「陰設定」があると思う。それは、大伴の想像力、いや空想力、いや妄想力によって、生まれたと言えるのではないだろうか。

想像力とは、実在していないものをイメージとして創り出す能力とでも言おう。
大江健三郎は柳田国男を借りて、さらに想像と空想を分類している。想像とはよりはっきりした根拠に立つ心の働きとし、空想とはあいまいなものに立って行う心の動きとしている。(『新しい文学のために』岩波新書)
想像はプラス的だが空想はマイナス的だと柳田は見ていると、上の文章に大江は付け加えている。おそらく妄想であれば、さらにマイナス的だと評価されるのだろう。妄想の概念を、私が一応規定しておこう。

妄想とはありもしないこと、ありえないものに立って(自分勝手に)イメージとして創り出す心のうごき。

さて、一つの例を考えてみる。1966年7月に発売された「少年マガジン第27号」にある特集「ウルトラマンのひみつ」だ。
そこにあるバルタン星人の内部図解から考えてみよう。これは世界初の架空の怪獣図解となった。7月17日からテレビ放送されるに先立ってこの特集が大伴によって構成されたもので、大伴昌司の署名入りのマガジンでの初仕事でもある。

怪獣バルタン星人について、基本設定は次のとおりだ。
〈バルタン星人――バルタン星からやってきた、宇宙こん虫怪獣。テレパシーをつかって、分身術で、1ぴきが2ひきになる。赤色の冷凍きりをはさみから出し、白色のはかい光線をくちばしから出す。また、からだの大きさを自由にかえることができる超能力をもっている。〉

このテキストに対して、大伴は“妄想”して陰設定を施してゆく。
○耳―どんな音でもきこえる耳。
○脳―テレパシー頭脳。これで、分身術をつかい、人の目をくらます。
○目―5000個の眼細胞からできた目。1万メートル先の米つぶが見える。
○くちばし―白色光線を出すくちばし。
○白色光線エネルギーぶくろ―くちばしから出す、はかい光線をここでたくわえる。
○手のはさみ―厚さ20センチの鉄板をジョキジョキ切りさく力がある。
○手のはさみ2―冷凍液のふくろ。赤色のきりをつくる。
○手のはさみ3―赤色のきり噴射口。冷凍液をきりにして、ここから敵にふきつけるためのもの。
○バルタン肺―地球の空気になれるために、とくべつなしくみでできている。
○胃ぶくろ―すい取った液体を、ここで消化して、それぞれのふくろにおくりこむ。とてもじょうぶな胃だ。
○すね―無色のふしょく液。バルタン星人のあるいたあとについていて、これにさわると、肉がくさる。

ここで説明されている5000個、1万メートル、20㌢、という設定はすべて大伴の発案による。この設定によって、怪獣の能力、性能が差異化されてゆく。

陰設定は怪獣だけにとどまらない。建物の図解もそうだ。科学特捜隊本部のビルも外観は映像として作られていたが、内部構造を明らかにしたのは大伴である。
 本部には3つの構造物がある。航空機ビートルの発着場、本部指令室のある施設、隣接するサブ施設だ。
例えば本部指令室のある施設の内部はこうだ。指令室には電子頭脳センターがあって、ハヤタ隊員はおもにここにいる。宇宙線分析室、薬品分析室、資料室、兵器室、機械室、とりしらべ室、かんきん室、太陽熱炉、宿直室、本部へ降りるためのポール、などが5フロア―にわたり配置されている。屋上には2つのアンテナがあり、一つは太陽光線と、人工衛星からの電波をとらえるパラボラアンテナ。もう一つは、宇宙線を集めるための
アンテナ。これを分析室に送りこむ。
と言ったぐあいに、大伴は勝手に建物構造を「陰設定」した。

ウルトラマンであるハヤタ隊員についても、大伴は基本設定以上のものを付加していく。
〈ウルトラマンの正体は宇宙人だ。ふだんは、科学特捜隊員ハヤタとして活躍している。ウルトラマンが地上で動ける時間は3分間しかない。それは、地球とウルトラマンがいた星とでは、気圧や空気のようすがちがうからだ。だが、ウルトラマンは瞬間移動や、何千度の熱でもはねかえすなどの超能力をそなえている。〉
ウルトラマンの活動時間3分というのは元の脚本にはない。ただ限られた時間しか動けないと基本設定してあるだけだが、3分という限定をしたのは大伴のこの特集から始まる。

 右手と左手を交差すると出るスペシウム光線にしてもそうだ。このポーズは監督の飯島敏宏が時代劇の“真剣白刃どり”から思いついたのだが、これの理論武装は大伴が行った。
〈スペシウム光線 左手に+(プラス)右手に-(マイナス)の電気が流れていて手を十字に合わせると、右手から、白色光線が発射される。これが、スペシウム光線で、殺人・はかい、なんでもできる。しかも、光線は百メートル前方までとどく。〉

制作者ですら知らないことを大伴はどんどん設定していく。飯島監督は唖然としその後逆に教えられて行くのだ。《大伴昌司が現れてからですよ。性能とか重さとか性質とか、そういう性格設定をやるようになったのは。(中略)脚本から拾って位置づけしていったのもありますし、逆に彼が勝手に決めちゃったのもありますね。ぼくらはそれを見て、「、そうか。そういう性質だったのか」なんていってね。》(『OHの肖像』)

今では、映像のリテラシーが進化し、視聴者の側から映像のテキストを読みこむということも不思議ではなくなったが、この手法をいち早く開発したのは大伴昌司であったのではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


バルタン星人のひみつ_c0048132_11545523.jpg

by yamato-y | 2006-09-03 11:42 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 去りゆく夏に贈る歌 ETV特集 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧