人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

SF小説の力

冷たい戦争の時代の終りに4



1989年、大江健三郎さんは東西両陣営の知識人と意見を交わした。おりしも冷戦の末期で核戦争の誤爆の危機が高まっていたからだ。

東側の話し相手の一人に、SF作家アルカージ・ストルガツキー(ス氏)がいた。彼が脚本も書いた、タルコフスキーの映画「ストーカー」は大江さんの最も好きな作品である。かつ、大江さんは昔から東側のSF小説には大きな関心を抱いてきた。

ストーカーの原作となった『路傍のピクニック』を読んで、大江さんはこういうふうに感じていた。
大江「宇宙から人間よりももっと大きい巨大な文明をもった人間がやってきて、ピクニックをしてまた別の星へ飛んでしまった。其の後に残された、宇宙の進んだ文明として残していったゴミのようなもの、それを発見した人類はそこから大きな利益を得る。と同時に、その宇宙人が残したゴミから、大きい生存の『危機』をも味わうというのが、その小説の筋ですね。」「人間は、宇宙人から責任のとれないような大きい状態をもらうことになる。そして人間の生活が破滅に陥ってしまうこともあるということだ。」

ストルガツキー「的確な解釈だが、もう一つ私は付け加えたい。ロシアにこんなことわざがあるのだ。『豚は汚いところでは何でも見つけられる』と。例えば、人間でも何か汚いところに置かれた場合でも、無我夢中で探すことができるということなのです。もし核エネルギーがなければ、人間は他のものを探すだろう。宇宙人が地球に何かプレゼントしてくれても、きっと悪いほうへ変えてしまうと思うのです。」

 このとき、ス氏はその3年前に起きたチェルノブイリ事故をつよく意識していた。

ス氏「人間の文明とはそういうものだ。文明は社会的なものであれば必ずや悪用する。その意味でSFはきわめてユニークなものだ。2つの役割がある。一つは読者にこんなことが起きないようにと警戒させること。もう一つは理想的な未来像を描き出すことだ。こういう世界に住みたいという理想の未来を書くことだ。」

このとき、社会主義国家として暗い未来を書かなければならないス氏の辛い立場に大江さんは理解を示した。それに対してス氏は、東側ではソビエトの暗い過去の分析に作家は目を向けているし、西側では大江のように現実を批判している作家がいる。その意味では東西関係なく、作家は戦っているのだと、ス氏はぼそぼそと語った。

このときの対話はある意味でかみ合わないものだった。終りをむかえているとはいえ、ソ連のSF作家たちの置かれた状況は厳しいものであった。ストルガツキー氏そのものが、戦後当局からずっと監視されてきて、何度も弾圧の憂き目を体験していたのだ。1968年、『そろそろ登れカタツムリ』は発表されると、この作品を掲載したという理由で、多くの編集スタッフが首を切られ、掲載号は発禁処分になった。

さまざまに作風を変えて表現しながら抵抗を試みてきた人物であったのだ。大江さんの好意にあふれた呼びかけに対しても、どこか警戒的であったと思われる。

対話が終わった後、用意してきた日本製カメラをプレゼントすると、ストルガツキー氏はにこっと初めて笑った。大きく吐いた息はウォッカの激しいにおいがした。
氏を見送った後、大江さんは「気の毒に、飲まずにはいられないのですね」と顔を曇らせた。
この対談から程なくして、ソビエト連邦は崩壊する。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-09-02 21:06 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< ETV特集 夕月 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧