人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

 芭蕉伝説破壊

 芭蕉伝説破壊

嵐山光三郎の『悪党芭蕉』はめっぽう面白い。これまで閑寂の人・求道の人と思われてきた芭蕉がまったく違うひととなりをみせてくれるのだ。

なにより、蕉門といわれた芭蕉一門の実態のすごさよ。大阪の之道と酒堂が喧嘩するは、膳所の曲翠は家老を殺して自刃するは、京の凡兆は後年芭蕉から離反しかつ牢に入れられるは、大垣のパトロンであった木因や荷けいは芭蕉に反旗をひるがえすは、第1の実力者の其角とて花街で危険な遊びにうつつぬかすは、可愛がった杜国とて流刑となる。ざっと見わたしただけでもこれほど悪行狼藉がある。

おまけに芭蕉は流罪の杜国をこっそり連れ出して西国を旅している。これが「笈の小文」の元となる旅ではあるが、お上に見つかれば芭蕉とて罪人となるものだ。弟子も弟子なら、師も師だ。この御仁が風雅のまことを口にし、不易流行を説くのだから恐れ入る。だが、私はこういう芭蕉を咎めているのではない。むしろ、芭蕉の生臭さを知ってうれしいほどだ。

まあ、とにかく弟子たちの間の愛憎というか嫉妬というか、この座に渦巻くエネルギーは半端なものではない。
「京にはろくな俳人はいない」と手紙に悪口を残す芭蕉。才人の酒堂がやや生意気を言ったら言下に叱り飛ばした芭蕉。俳聖と呼ばれる芭蕉翁も相当意地の悪い人物のようだ。
 だが、それは不思議でないだろう。我々の知っている、あの高浜虚子とか水原秋桜子とかの人物を思い浮かべれば納得できる。虚子などは自分で「大悪人虚子」と開き直っているのだから。
後世の私らは、先人が残した記述だけで人格を見てしまいがちだが、文章にするときはきれい事になる、自分を美化する、というのは世の習い性ではないか。嵐山光三郎は書かれたことだけで判断せず、その事実のウラを意地悪く取りながら見抜いてゆくのだ。この本は切り捨て御免の痛快さがある。

 さて、この本で一つ愉快な句を知った。若い友人に教えてやりたい。
その句とは――。
 うらやましおもひ切る時猫の恋 越人

この句を嵐山はこう解釈している。《猫は人目も忍ばぬほど激しく恋するのに、思い切るとなると、ひどくあっさりしている。その見極めかたがうらやましい。人間のように、いつまでもうじうじとしていない猫をうらやんでおり》、この越人の句を芭蕉はよく出来たと去来に伝えている。越人の句を芭蕉が絶賛したというのだ。

江戸時代でも、恋に悩んでうじうじしていた人間がいたことも分るし、それに共感する芭蕉自身そういうこころねが理解できるものをもっていたということ。俄然、芭蕉が21世紀の我々の側に近づいて来るとは思わないかい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

 芭蕉伝説破壊_c0048132_1432927.jpg

by yamato-y | 2006-09-02 13:57 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 夕月 芭蕉(はせお) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧