人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

山にゴミを捨てるな

山道に矢印

ツヴァイクの道を降りてくると、処々に赤いチョークの目印があった。SHというイニシャルと矢印だ。そのそばにはおが屑と白いアクリル片を混ぜたような粉末が撒かれてある。

ハイキングのグループの仕業であろう。なんとなく不愉快だ。仲間のための目印かもしれないが、デカデカと書かれてあると、もみじ山が汚されたような気がしてくる。おまけに粉末は溶けることもなく残留しそうで、これも耐えられない。

ハイカーらは気晴らしで山にやってきて、その日だけの楽しみで「ゴミ」を残していくのだろうが、置いていかれた住民にとってはたまらない。迷惑な話だ。

ストルガツキーの「路傍のピクニック」も、おそらくこういう世間話が元になっているのではないだろうか。

宇宙人が飛来する。地球人とは関わらないまま、地球を楽しんで地球を去った。超文明をもつ宇宙人たちは地球に“ピクニック”のゴミを残した。そのゴミは地球にとっては厄介なものとなる。

タルコフスキーはストルガッキーのこの物語を読んで、ゴミを捨てた場所「ゾーン」に関心をもった。廃墟に放射能が満ち溢れていると幻視した。
映画「ストーカー」が製作されたのは1979年。それから7年後の1986年4月、チェルノブイリ事故が起きた。
爆発した4号炉をコンクリートで封じ込めるために、のべ80万人の労働者が動員された。4号炉は巨大なコンクリートで覆われることになる。その構造物は「石棺」と呼ばれることとなった。まるで、ゾーンそのものとなった。タルコフスキーはそういう出来事のはるか以前にこの悪夢を予知していたとしか思えない。
因みに、タルコフスキー自身チェルノブイリ事故が起きた1986年の年の暮れ、亡命先のパリで客死した。享年54。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-08-30 12:35 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 新しいものがないじゃないか タルコフスキーの映像 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧