人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

エッシャーの宇宙

エッシャーの宇宙

30年前に、子供空想美術館という番組を作ったことがある。目の錯覚を利用しただまし絵やオプチカルアートを集めて、中山公男さんの案内で仕立てた番組で、今考えるとずいぶん手の込んだ子供番組だったなと思う。

その中に、オランダの異端の版画家エッシャーの絵があった。見ているうちに眩暈を起しそうになる不思議な絵である。
70年代、エッシャーはずいぶん若者の心をとらえた。なんと言っても日本で最初にメジャーな雑誌に載ったのはあの「少年マガジン」だったのだから。後に、エッシャーのコレクションを日本人が所有することになるなど、エッシャーと日本の結びつきは意外に深い。

『エッシャーがぼくらの夢だった』という本がある。日本人とエッシャーの関係を描いた本である。そこに大伴昌司が登場する。

大伴はSF作家クラブの会員でもありイラストレーターでもある真鍋博とは懇意にしていた。ときどき、事務所へ打ち合わせ兼ねて遊びに行った。そんなある日、真鍋から大伴は一冊の画集を見せられる。エッシャーである。彼はこの絵に一瞬にして捉えられた。興奮した。すぐにマガジンの巻頭図解で紹介しようと思い立つ。
そうして1968年8月から数回にわたり、エッシャーの絵は「不思議な絵」という形で紹介されることになる。
まさに大伴好みの絵であったと、内田は証言する。「大伴さんはエッシャーが大好きだった。マグリットも紹介したけど、大伴さんの好みはエッシャーだよ。だまし絵、からくり、不思議、裏、逆、夜と言う概念のもの、普通の人とは反対に考える人だった。」

大伴も惹かれたエッシャー。その一つの様式に「図地反転」がある。敷石や壁紙を見ているとそういう現象が起こる。昔から人びとは気づいてはいた。
平面上に一本の線を引く。すると二つの図形が出来る。だが境界線はどちらの図に属するのだろうか。一つと決めると、そうでないほうが自分のものだと主張するように、じりじりと浮上する。両者でせめぎあいが起こるのだ。一方から他方へのたえまない相互交換性。

この典型が「空間と水域」だ。黒い鳥が群れとなり、その群れの間の空白がやがて形をなしてきて白い魚となってゆく、という作品だ。まことに不思議な絵だ。大伴はこの絵は「読む絵」だと語ったそうだ。

絵という2次元の世界に立体という3次元を描く陥穽を利用した作品もある。永遠に流れ続ける水。上がっているように見えて下がって行く階段。さらにあがって行くので無限運動を繰り返す階段。精緻で幾何学文様の絵は、実はエッシャーが青年時代スペインのアラブ文化に触発されたいう。

こういう絵に出会って夢中になる大伴とは、「永遠の子供」そのものではないか。
いずれ、彼がこだわった不思議な世界、なかでもマグリットについても考えてみよう。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


エッシャーの宇宙_c0048132_22241951.jpg

by yamato-y | 2006-08-27 22:16 | 大伴昌司の遺産 | Comments(1)
Commented by やいっち at 2006-10-18 17:56 x
はじめまして!
ネット検索で貴サイトを見つけました。記事、面白かったし、参考になり、一部、引用させてもらいました。
ありがとうございます。
<< イマ・ココ問題再び 隠れた秀作 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧