人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

隠れた秀作

椿書院誕生

隠れた秀作_c0048132_15124894.jpg


今朝起きて、なにげなくテレビをつけたら「にっぽん再発見 ハイビジョンふるさと発」を放送していた。高松局が1年をかけて作り上げた作品である。ほんの少しだけ見るつもりでいたがとうとう最後まで見た。番組になにかを感じた。

物語の舞台はさぬきのこんぴらさんとして知られる香川県の金刀比羅宮。そこの書院に巨大な障壁画がえがかれる過程を丹念に取材したドキュメンタリーだ。
主人公は地元出身の美術家田窪恭治。この人物が魅力的だ。

先年、フランスノルマンジーの荒れた教会を再建して有名になった人だ。無住の廃墟となった教会を現地に住み込んで再建してゆく姿をとらえたドキュメンタリーを、どこかで見たことがある。11年もかけて異国の村でこつこつやってゆく姿は心に残った。なかなか味わい深い生き方をする人だと感心した。このとき、再建された礼拝堂の壁画に林檎を田窪は描いた。

金刀比羅宮の伽藍の中に白書院と呼ばれる大きな部屋がある。
その側壁と床の間に、田窪が描こうとしたのは藪椿の木と花であった。これはこんぴらさんの全山に冬期咲く花である。それが、この山にエネルギーを与えていると感じて田窪は絵のテーマとして選ぶ。田窪はノルマンジーの林檎といいこんぴらさんの椿といい、その風土を作り上げる地霊のようなものを鋭敏に感じ取る。椿を選択したことは正しかった。番組が進行するにつれ分かってくる。

田窪は高校時代この香川で過ごし、今の金刀比羅宮宮司の琴陵容世さんが級友だった。その伝手で奥書院を見せてもらった。そこには伊藤若冲の絵が部屋一面に描かれていた。そのとき味わった感動が彼を美術の道に導く。

四季の移り変わりと合わせて、壁画制作が進行してゆく。この金刀比羅宮の裏参道を田窪は気に入っているのだが、全山椿だ。風が抜けて椿が揺れる。赤い花が咲き、かつ散る。

そうして今年の初夏に、絵が完成する。20メートルにわたるふすま一面に満開の花を咲かせる巨大な藪椿の林が描かれていた。実に感動的な絵であった。

ただ、不思議に思えたのは、なぜこういう寒い時期が中心に描かれた作品が夏の盛りに放送されるのか、それだけが気になった。
加賀美幸子さんの語りは抑制がきいていて素晴らしかった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-08-27 15:12 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented at 2006-09-07 13:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< エッシャーの宇宙 春ワルと呼ぼうか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧