人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

演出されたニュース

演出されたニュース

事件や事故が起きたとき、いち早く情報として伝えるものをニュースと呼ぶ。
ニュースという要件は速報性、情報性である。「見せる」という手法にこだわる必要はないだろう。発生した出来事を素早く広く正確に伝えるということに眼目があるはず。

だから、ニュースにはさまざまな特権が認められている。例えば、著作権を有する写真や絵画を使用する場合でも、原則許認可を必要とされない。所有権より緊急性、公益性が優先するという考え方にたつのだ。

同じ写真や絵画でも、番組に使用する場合はそういうわけにはいかない。著作権者に敬意を表すうえでも、同意と使用料の支払いが義務付けられる。

このように、ニュースは一刻も早く世間に伝え、社会を防衛するという役目から、特権が許されているはずだが、その真意を理解していると思えない現象が起きている。

ニュースが始まると、5W1Hの基本は度外視して、謎掛けから始まる、演出された報道が目につくようになった。

●オープニング
●シュレッダーの刃先 ナレーション「予想していないことが起こりました」
●救急車の赤ランプ点滅

これは、2歳の幼児がシュレッダーに手をはさまれたという事件の報道だ。だが、この映像の流れではすぐに理解できない。むしろ、何か起きた、何かあったのだろうか、という視聴者の「好奇心」をあおるような作り方だ。ニュースはそういう見せ方に凝る必要があるのだろうか。
同様に、最近ニュース映像に音楽をかぶせることが多い。音楽は非明示的にその映像に価値を付ける。それはニュースの公正性に対していかがなものか。

以前アメリカ、NBCを調べたことがある。そこではニュースについてずいぶん厳しいルールを作っていた。それに比べると日本のニュースは次第にショー化していると思われる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-08-24 15:18 | テレビって何だろう | Comments(1)
Commented by ますだ at 2006-08-25 19:19 x
こんにちは。感想を書かせてください。
昨日のNSを見ましたが、ひどかったです。サスペンスドラマのような映像を見せた後にスタジオに戻り、何もコメントもなく次の話題に進んでました。まるでストレートニュースであるかのように。

わかりやすいキーワードやスナップショットだけを並べた予定調和な映像が堂々と流れていて、ヤバいなと思いました。タイムシフトが実現する前に映像リテラシーを向上させる必要があると思いました。信州大学のCATVでの放送が良い方向に進むと良いと思います。
<< 気になる漫画 タケ先生の講演会 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧