人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

わが心の場面(シーン)

大和、帯解・・・

さきほどタケ先生の待合室で、三島由紀夫の邸宅の写真集をぱらぱら見ていた。有名なロココの庭園、バルコンに続いて書斎があった。書架の本をのぞくと、半分は知っている書名なので安心した。
そして、最後の原稿の大写しがあった。言い遅れたが撮影は篠山紀信である。

原稿は『豊饒の海・天人五衰』の最後の場面だ。奈良帯解の円照寺の日盛りの庭だ。
小説では月修寺となっているその場――庭は夏の日盛りの陽光あびて、しんとしている。・・・と、三島の端正な字が原稿用紙を埋めていた。これを見たとき、ある情景をまざまざと思い出したのだ。

おそらく三島が死んで2年後の昭和47年晩秋だったと思う。私は女ともだちと一緒に「豊饒の海」ゆかりの円照寺を訪ねた。そこは交通の不便な桜井線の帯解(おびとけ)にあった。

臨済宗円照寺は格式の高い寺で、斑鳩の「中宮寺」、奈良は佐保路の「法華寺」と共に大和三門跡の1つで、代々皇室関係が門跡となり、別名山村御殿とも称されたほどの寺だ。出入りは厳重で、私たちが訪れたときも門前払いをくらった。寒気のつよい日だった。
仕方がないから内部の拝観はあきらめ、寺の周囲を2時間ほどめぐった。日没が近づいたので駅へもどった。円照寺がわが心のシーンではない。

その駅の情景が忘れられないのだ。脳裏に焼きついている。夕暮れを古語で「かわたれ」と言うが、その言葉の響きのような美しい夕焼と暗闇があった。陽があたったところはあかあかと家並町並みが見えるが、それ以外は漆黒の闇が押し寄せていた。

上りのホームは駅舎から線路を越えて対岸にある。その通路を渡りながら線路の彼方を見ると、夕焼が今消えてゆくところであった。最後の光を浴びて浮かび上がった帯解の家並は昔ながらの古い家々がひっそりとシルエットになっていた。
この情景は、それから10年ほど経って山口百恵が歌った「いい日旅立ち」を聞いたとき甦った。♪ああ、日本のどこかに、私を待ってる、人がいる

30年、映像の仕事をしてきた。その間、心に残った映像や、見て感動した実景が、私の中で区別なくある。それは、なぜ心の乾板に焼きついたのか、自省しながら、取り出して行きたい。1001本目の記事にこめる思いだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

旧街道沿いの帯解の町
わが心の場面(シーン)_c0048132_032276.jpg

by yamato-y | 2006-08-23 23:46 | わが心のシーン | Comments(0)
<< タケ先生の講演会 懐かしさの研究 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧