人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

かじかんだ心

death  in life 
かじかんだ心_c0048132_178029.jpg
(生きていながら死んでいる)


18年前になるだろうか。ニューヨークに住む世界的な心理学者ロバート・J・リフトンと会ったことがある。

リフトン博士は、戦後17年目に来日して、ヒロシマのたくさんのヒバクシャから聞き取り調査を行った。それをまとめたものが『死のうちの生命』。原題はdeath  in life。そのまま訳すと生命の中の死、生きていながら死んでいるという意味になる。これでは、ヒバクシャの存在が後ろ向きに思われると、日本側が配慮して「死のうちの生命」と題して、日本では出版されたのだ。

 しかし、ヒロシマ、ナガサキのヒバクシャはたしかに心が死んでいた。生き残ったことが罪悪のように考え、自分を責めていた。その苦しみは、井上ひさしの名作『父と暮らせば』によく描かれている。近年になって、リフトンの仕事が理解されるようになってきた。

リフトンの研究はあまりに早かったのだ。彼は原爆の心の後遺症を、占領者の目つまり研究材料として見つめるのでなく人間として真摯に見つめていた。というリフトンの誠実さを、私は今になって思う。

このリフトンを大江健三郎さんが訪ねた。二人はそれ以前に知己であったので、きわめて親愛な対談となった。ここで、リフトンは「サイキック・ナミング」(心的麻痺)という重要な概念を取材する我々の前に提出してくれた。

人は原爆やアウシュビッツのような人智を越えた大災厄の前に立つと、心が麻痺してしまうというのだ。リフトンの質問にヒロシマのヒバクシャは「私の心は止まった」と証言している。それをリフトンはこう解釈した。

《彼らのこの心の状態は、ちょうど感光しすぎたために、何も記録できなくなった写真の乾板》のようなものだ。《それは自己防衛のために必要なことだった。なぜなら、あれだけの恐怖感を感じながら正気のままでいることはできないから》

今風の言葉で言えば、「トラウマ」ということになるだろうか。黒木和雄監督にしろ、ヒロシマ、ナガサキのヒバクシャ、沖縄の生存者たちは、戦後長く心が麻痺したままで生きたのだ。

 リフトンの素晴らしいのは、そのかじかんだ心は永久に続くわけでない、治癒することもありうると考えたことだ。リフトンは人びとを励ます方向で心の傷を見つめていた。

 サイキックナミングと繰り返すリフトンの言葉を引き取って、大江さんは「かじかんだ心」と訳した。悲しくも美しい言葉だ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-08-21 17:08 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< ユウチューブの波紋 車窓はどっちに流れるか >>


最新のトラックバック
外部リンク