人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ウルトラマンのカラータイマー

ウルトラマンのカラータイマー_c0048132_1519263.jpg
ウルトラマンのカラータイマー_c0048132_15193811.jpg
ウルトラマンのカラータイマー_c0048132_15195133.jpg
ウルトラマンのカラータイマー_c0048132_15201113.jpg



文化は響きあう

フィルムノワールの名作「歩道の終わる所」を見た。製作は1948年、私の生まれた年だ。監督は『ローラ殺人事件』で注目されたオットー・プレミンジャー。ユダヤ系ドイツの移民だ。この頃、フリッツ・ラングらドイツからやって来た人物がハリウッドに活力を与えている。

フィルムノワールとは「暗黒映画」と呼ばれ、1930~40年代にかけてハリウッドで量産された。映像も暗い色彩のモノクロで、物語も犯罪、刑事、ギャング、探偵、殺し屋といった暗い題材が多い。こういうジャンルとして見たわけではないが、これまでにも「マルタの鷹」「三つ数えろ」などはハンフリー・ボガードらが活躍するハードボイルド映画と認識はしていた。

近年、フィルムノワールが話題になっていると聞いてはいたが、30~40年代の暗黒スタイルをもった映画群としてジャンル的視聴をすると、いろいろなことが分かって面白い。

映画史的に言うと、1940年代のフィルムノワールは、その後50年代のフランス、ヌーヴェルヴァーグに影響を与え、70年代のドン・シーゲルの「ダーティハリー」に影を落とす。テレビ映画にも影響は及ぶ。今再放送されている「逃亡者」もその流れだろう。日本では東映の深作欣二や中島貞夫らの実録ものに及んだ。代表が『仁義なき戦い』である。さらに、たけしの「HANABI」にも広がるだろう。そして、そのたけしの映画は逆にアメリカのタランティーノに反射するのだ。

文化(カルチャー)はまさに響きあっている。
大伴昌司の仕事も、そういう響きあう文化現象として見たらどうなるであろうか。
アステカの石像やディズニーやアメリカの進駐軍の文化映画に影響された大伴昌司が、円谷怪獣の設定や図解を作り、その影響が今アメリカのサブカルチャーに広がっているという構図。まだ、きちんと検証されていないが、なぜかワクワクするものを感じる。

明日の「大伴シンポジウム」のために、資料を整理している。一つ大きな発見があった。ウルトラマンのカラータイマーの3分間という設定は、どうやら大伴が考えたようなのだ。本編には一度もそういう説明はないのだが、彼は少年マガジンの巻頭図解でその設定を作り上げていたのだ。「設定」――このオタク文化の華を大伴は誰よりも早く発見している。
しかも、この放送が始まる前にである。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-08-18 15:20 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 取り急ぎ がんばれ、河合先生 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧