人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

孤独な弧

孤独な弧

加藤氏の実家焼失というショッキングなニュースが飛び込んできたため、今回の靖國参拝にともなう中韓の反応が小さく見える。

8月15日の正装本殿参拝という事実からいえば、これまで以上にアジアでの反発があると予想したがそうでもないのだ。

15日当夜のニュース23にゲストで出演した手島龍一(外交評論家)氏の言葉が忘れられない。こういうことを言った。
〈最近、東南アジアを中心にロービングした。その南方から北東アジアを見上げると、日本列島が孤立して、暗い弧として浮かんでいるように見えた。〉正確ではないかもしれないが、おおよそこういう発言だったと思う。

今回の出来事で中国や韓国とはますます離れ、ロシアとは北方領土をめぐりぎくしゃくしている。アメリカとだけつながっている。

15日の首相の記者会見での発言。
「たとえアメリカから参拝するなと言われてもやめない」その後にこう首相は続ける。
「だがブッシュ大統領だったら、そんな大人げないことは言わないと思うけどね」

参拝を行ってほしくないとアジア諸国が要望することは、大人気ないということか。彼らは靖國を問題にしているのであって、戦没者を追悼することにあれこれは言っていないのではないか。アメリカはそういう“大人気ない”ことは言わないというが、本当にそうだろうか。

たしか、ニュースで各国の反応に触れたとき、首相が頼りにするアメリカの反応はこれ以上日中関係が悪化することを懸念しているとあった。暗黙に参拝をアメリカ自身牽制している。
首相は大統領に個人的に友情を感じているようだが、アメリカという国家は日本に対して好意的であるのだろうか。国連の常任理事国入りに日本は先日失敗した。中国が反対したことは分かるが、今回一番大きな要因はアメリカが反対に回ったからではなかったか。

『暗闘~スターリン、トルーマンと日本降伏~』を今読んでいて複雑な思いに駆られる。外交とは一筋縄ではいかないという歴史の教訓がまざまざとそこに描かれているのだ。

 1939年に独ソ不可侵条約が結ばれたとき、日本はショックを受けた。日本にとってはノモンハンで敵として戦っているソ連と、防共協定で同盟を結んでいるドイツが不可侵条約を締結するなど、夢にも思わなかったのだ。駆け引きは外交では相当えげつなく使用されることぐらいわきまえていなくてはなるまい。それを、時の平沼内閣は「欧州情勢は複雑怪奇」といって総辞職している。それこそ子供じみた言い訳にしか見えない。なにか、首相の談話はそれを思い起こさせる。

東アジアの中で友人を持たず、頼りにするアメリカにもよそよそしくされ、ロシアとは危うい仲という日本。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2006-08-17 13:07 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< [ゲド戦記]批評 断念した海水浴 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧