人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

稲妻は秋の季語

落雷

雷がすごかった。ベランダから眺めていると、相模の海の上に矢継ぎ早に電光が走る。
およそ1時間、夏の空をゴロゴロとカミナリが走り回っていた。
日本語のカミナリも神鳴りに由来するとされる。
稲妻。雷鳴が多い年は豊作だということから、この言葉が生まれたと聞く。

 子供の頃落雷を見たことがある。たしか梅雨末期だった。ざあざあと大粒の雨が降りしきる中だった。雨戸を締め切り、その小さな窓から外を眺めていた。弟は背が低くて見えないとぐずったので、抱っこして窓の外を私は見せようとした。

家の裏はずっと田んぼでその向こうに国道8号線が走っていた。車も人影もなかった。
雨はますます強まっていた。広重の「庄野」のような雨が降っていた。
とそこへ、落雷。空から光ったムカデのようなものがするすると降りてきて、電柱のてっ
ぺんに触れた。ドカーンと、耳をうつような音がした。私も弟もびっくりした。停電になった。

まもなく、電柱の突端から煙があがり、ぶすぶす燃え始めた。雨の中に青い煙が上がるのが不思議に思えた。
落雷。落ちるというより電気の“手”が電柱を掴むように見えた。原爆が落ちたときも電柱がぶすぶす燃えたという話を、広島でも長崎でも聞いたことがある。

夕方のニュースで首都圏の落雷を繰り返し見せていたが、電光はまるで血管のように見えた。子供の頃に見た形と違うなと思った。

稲妻のぬばたまの闇独り棲む  竹下しづの女
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2006-08-12 21:18 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 黒木の中の「山中貞雄」 映画「紙屋悦子の青春」、今日から >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧